ストレージがオールSSDのサーバー4選。スペックの比較や違いも紹介

サイトの速度を上げる上で重要になってくる要素の一つであるストレージ。

中でもSSDはHDDに比べて数倍速い動作が出来ます。

今回はそんなストレージがすべてSSDである「オールSSD」のサーバーを紹介します。

「今使っているサーバーの読み書きのスピードを上げたい!」という方は是非最後までご覧ください!

 

そもそもHDDとSSDの違い

そもそもHDDとSSDでは何が違うのでしょうか。

詳しい違いについては調べてもらったほうが良いのですが、簡単に説明すると速度が違います

SSDはHDDの約3倍速くなるそうです。

ストレージが速くなるとその分サイトの読み込みも速くなるので、SEO面でもユーザーの満足度でも良くなることがありまる

 

オールSSDのサーバー

ではオールSSDのサーバーを紹介します。

実はオールSSDのサーバーはかなり多く、今回はその中でも有名なサービスに絞って紹介します。

今回紹介するサーバーは以下の4つになります。

オールSSDのサーバー4選

  1. ConoHa Wing(コノハウィング)
  2. Lolipop!(ロリポップ!)
  3. mixhost(ミックスホスト)
  4. heteml(ヘテムル)

それぞれ詳しく解説していきます!

 

1.ConoHa Wing(コノハウィング)

ConoHa Wingは国内最速のサーバーとして有名なレンタルサーバーです。

実際に当サイトでも利用していますが、非常に高速に読み込み・書き込みができています

ConoHa Wingが高速である要素として、オールSSDの他に以下のような様々な要素があります。

  • 高性能サーバー(オールSSD RAID10)
  • 独自のキャッシュ機能やHTTP/2に対応でWeb表示が高速
  • PHP7対応
  • nginx採用 など

参考:ConoHa Wing様公式ページ

このようにConoHa Wingは様々な技術を組み合わせ、超高速で安定したサーバーとなっています。

ConoHa Wingについては下記記事で詳しく解説しているので是非あわせてご覧ください!

>>Conoha Wingの特徴10選!速くて初心者でも管理しやすいレンタルサーバー

 

 

2.Lolipop!(ロリポップ!)

(出典:Lolipop!様)

Lolipop!(以下ロリポップ)は老舗のレンタルサーバーサービスです。

先日2020年8月5日に全プランでリニューアルが行われ、サーバーのスペックが向上しました。

以前まではハイスピードプラン以上でSSDが利用できたのですが、今回のリニューアルで全てのプランでSSDを利用出来るようになりました。

これにより非常に高速なサーバーを利用することができます。

WordPressのインストールも最短60秒で完了する機能もあり、すみやかにWordPressを始めることができます

ロリポップは初心者~企業まで様々な人が自分に合ったプランを選べるサーバーになっています。

詳しくは下記記事で紹介しているので是非ご覧ください!

>>自分にあったプランが選べるサーバー ロリポップ! 特徴・評判は?

 

ロリポップで契約するなら今がお得!

現在ロリポップでは「全プランリニューアル記念初期費用無料キャンペーン」を実施しており、全てのプランの初期費用が今だけ無料になります!

是非この機会にお申し込みください!
キャンペーン期間
2020年8月5日 10:00~2020年12月31日 23:59

 

3.mixhost(ミックスホスト)

(出典:mixhost様)

mixhost(以下ミックスホスト)は他のサーバーと比べると満足度が高いサーバーになっています。

特徴としては日本で初めてHTTP/3を搭載したサーバーを使える点です。

そのため、HTTP/2を使っている他のサーバーよりも高速で利用可能です。

スペックなども他のサーバーとほとんど変わりはありません。

ミックスホストの場合、WordPressクイックスタートという機能もあり、この機能を使うことによってWordPressを最短90秒でスタートすることができます。

ミックスホストは「アクセス処理速度」、「表示スピード」、「アフィリエイター&ブロガー」の3つで満足度1位を獲得しています。

ですので、非常に満足度の高いサーバーと言えるでしょう。

 

 

4.heteml(ヘテムル)

(出典:heteml様)

heteml(以下ヘテムル)はプランが少なく、迷わずに利用出来るレンタルサーバーです。

サーバーは国内最大級の大容量で高速なバックボーンに接続されており、通信面でも非常に高速なことが伺えます。

ヘテムルはプランが2つしかないため、ほとんどプランに迷うことはありません

また、ヘテムルには「設定おまかせサポート」というサポートもあり、有料にはなりますがWordPressのインストールや移転作業など様々なサポートを専門の方が行ってくれるサービスもあります。

独自開発の高速モジュール版PHPが搭載されており、プログラムの処理を高速で行うことができるため、WordPressなどのサイトの高速化も可能になっているとのことです。

 

番外編 オールNVMeのサーバー

実はオールSSDの上にオールNVMeというものがあります。

簡単に説明するとNVMeとはSSDの上位互換のようなもので、読み込み速度がSSDの最大14倍の性能が出るストレージです。

こちらのNVMeを搭載したサーバーはこちらの記事で紹介しているので気になる方はあわせてご覧ください!

準備中

 

それぞれの比較

最後にそれぞれのスペックの比較を紹介します。

今回は高速なサーバーを選ぶ上で重視する点のみピックアップして紹介します。

優れている点は青劣っている点は赤で表しています。

サーバー名 ConoHa Wing ロリポップ ミックスホスト ヘテムル
プラン名 ベーシック ハイスピード スタンダード ベーシック
初期費用 0円 0円 0円 2,000円
月額料金 800円~ 500円~ 880円~ 800円~
ストレージ オールSSD
ストレージ容量 250GB 250GB 250GB 200GB
RAID構成 10 10 10 非公開
転送量目安 4.5TB/月 200GB/日 4.5TB/月 160GB/日
ドメイン 無制限
データベース 無制限 無制限 無制限 70個
Webサーバー Apache + NGINX LiteSpeed LiteSpeed Apache
HTTP HTTP/2 HTTP/2 HTTP/3 HTTP/2
PHP PHP7対応

 

まとめ

今回はオールSSDのサーバーを4つ紹介しました。

まずオールSSDにすることでSEO面でも、ユーザーの満足度でも良いということを紹介しました。

 

サーバーはこのようなものがありました。

オールSSDのサーバー4選

  1. ConoHa Wing(コノハウィング)
  2. Lolipop!(ロリポップ!)
  3. mixhost(ミックスホスト)
  4. heteml(ヘテムル)

また、それぞれのサーバー独自の技術が使われているので、それらのシステムを使うとより高速なサイトを運営することができます。

是非それぞれのサーバーを比べて自分にあったサーバーを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

個人的には国内最速サーバーであるConoHa Wingと低価格で高性能なロリポップがおすすめです。

ロリポップは現在キャンペーンを実施しており、通常よりも安く利用できますので是非この機会にお試しだけでもしてみてはいかがでしょうか。

>>ロリポップはこちら!

おすすめの記事