WordPressの改ページの使い方は?1クリックで簡単にできる方法も紹介

今回はWordPressの改ページの使い方や、1クリックで利用する方法も紹介します!

 

↓WordPressで改ページを使うメリット・デメリット、コツなどはこちら↓

 

改ページの使い方

改ページは2つの方法で記事内に挿入することが出来ます。

それぞれ紹介します。

 

1.テキストから改ページを使う方法

この方法は改ページを挿入する前の設定が必要のない方法です。

 

1.テキスト画面を開く

WordPressの旧エディターで右上にある「テキスト」をクリックします。

 

2.改ページを挿入する

ツールバー内の「改ページ」をクリックし、改ページを挿入します。

指定した行に

<!--nextpage-->

と表示されれば完了です。

 

ビジュアルの方では以下の画像のように「PAGE BREAK」と表示されます。

2.ツールバーから挿入する方法

ツールバーから改ページを挿入する方法もあります。

この方法はプラグイン利用した方法です。

一度設定すれば次回から1クリックで改ページを挿入出来ます。

 

1.TinyMCE Advancedをインストールする

TinyMCE Advancedというプラグインをインストールします。

WordPressの左のメニュー「プラグイン→新規追加」から「TinyMCE Advanced」で検索します。

黒い背景に青い鉛筆マークのものをインストールし、有効化します。

 

2.設定する

ツールに改ページボタンを表示するために設定をします。

WordPressの左のメニュー「プラグイン→インストール済みプラグイン」から「TinyMCE Advanced」の「設定」をクリックします。

 

改ページをツールバーに設定します。

設定画面の「旧エディター(画像内①)」をクリックします。(ブロックエディターでも大丈夫です。)

下にある「使用しないボタン」内、「改ページ」をドラッグ&ドロップします。

場所は好きな場所で大丈夫です。

設定出来たら右上にある「変更を保存」をクリックします。

 

3.設定出来たか確認する

改ページのボタンが設定出来たか確認します。

左のメニューから「投稿→新規追加」をクリックします。

下の画像のように改ページのアイコンが表示されていれば設定完了です。

 

改ページを端末ごとに無効にする方法は?

改ページは見る端末によって無効にすることが出来ます。

一番下にある「改ページの無効化」にチェックを入れることで、パソコン/スマホの端末ごとに改ページを無効化出来ます。

ちなみにPC=パソコン、SP=スマートフォンです。

 

まとめ

今回は改ページの挿入方法や、1クリックで挿入する方法、端末ごとに無効化する方法を紹介しました。

1クリックで挿入する方法は初期設定が必要で少し面倒くさいですが、1度設定すれば次回以降は簡単に挿入できるのでおすすめです。

また、端末ごとに無効化できるため、パソコンでは改ページを有効にしてスマホでは無効にするなどの設定も出来ますので、見やすいブログを目指しましょう!

 

↓WordPressで改ページを使うメリット・デメリット、コツなどはこちら↓

おすすめの記事