ConoHa Wingの独自ドメインと初期ドメインとの違いは?どちらがいい?

今回はConoHa Wingで利用する際のドメインについて紹介します!

 

独自ドメインと初期ドメインとの違い

まず、独自ドメインと初期ドメインとの違いについて紹介します。

簡単に説明するとそれぞれの違いは以下のようになっています。

独自ドメイン・・・自分専用のドメイン。原則世界に一つだけしか存在しない。
初期ドメイン・・・「〇〇.conohawing.com」形式のドメイン。「〇〇」の部分は自分以外存在しないが、「.conohawing.com」の部分は複数存在する。

では、それぞれ詳しく紹介していきます!

 

独自ドメイン

独自ドメインは自分のサイトのためにお金を払って取得するドメインになります。

この独自ドメインは自分以外が取得することが出来ないため、原則として自分専用のドメインになります。

独自ドメインの特徴は世界に一つしかないということです。

そのため、自分のサイトを認識してもらいやすくなります。

そして、ある程度信頼性も出てきます。

初期ドメインのように誰でも無料で取得できるようなドメインよりは比較的信頼してもらえることが多いです。

企業などでは独自ドメインを取得するケースがほとんどです。

 

初期ドメイン

初期ドメインは1つの独自ドメイン(ConoHa Wingの場合は「.conohawing.com」)の後ろに任意の文字列を付けることで1つの独自ドメインを複数のユーザーで利用する方法です。

このようなドメインはサブドメインと呼ばれます。

独自ドメインの部分はConoHa Wingが管理しており、独自ドメインの後ろの部分に自分の好きな文章を付けることによって自分のサイトを識別しています。

初期ドメインの特徴は無料で取得出来ることです。

独自ドメインの場合、取得や更新に費用がかかりますが、初期ドメインの場合は取得や更新の費用がかかりません

初期負担を減らせますが、デメリットも生じます。

 

ではそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう!

 

独自ドメイン・初期ドメインのメリット・デメリット

では、独自ドメイン、初期ドメインのそれぞれにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

まず、独自ドメインのメリットから紹介していきます。

 

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインのメリット・デメリットは以下のようになっています。

メリット デメリット

・自分専用のドメインを取得できる

・信頼性がある

・料金がかかる

・設定が大変

 

メリット

自分専用のドメインを取得できる

まず、自分専用のドメインを取得できるという点です。

初期ドメインの場合は1つのドメインを複数のユーザーが利用することになりますが、独自ドメインであればそのドメインは自分以外の誰も使うことが出来ません。

そのため、覚えてもらえやすかったりとメリットが複数あります。

 

信頼性がある

次に独自ドメインにすることである程度信頼性があるということです。

この点に関しては人それぞれの感じ方にはなってしまうのですが、独自ドメインより無料で取得できるドメインの方が信頼性が低く感じてしまう人もいます。

しかし、独自ドメインを取得することによってある程度の信頼を得ることが出来ます。

 

デメリット

次にデメリットを紹介します。

料金がかかる

まず、料金がかかる点です。

独自ドメインの場合、費用としては取得時、更新時、移行時に費用が発生します

基本的にはドメインを新規で取得する際とドメインを更新する際にそれぞれ数千円程度しかかからないのですが、それでも費用がかかってしまいます。

この点では初期ドメインの方が無料で取れるのでデメリットと言えるでしょう。

 

設定が大変

独自ドメインは取得後そのドメインとサーバーを紐つける作業が必要になります。

この作業は慣れている人なら簡単なのですが、慣れていない方だと少し大変かと思います。

ただ、ドメインサービスに紐付けの方法などが書かれているのでそれを参考に行えばすぐに設定することが出来ます。

 

初期ドメインのメリット・デメリット

初期ドメインのメリット・デメリットは以下のようになっています。

メリット デメリット

・無料で取得できる

・設定がほぼ不要

・SEO面ではあまり良くない

 

メリット

無料で取得できる

まず、無料で取得できる点です。

ドメインは基本的には有料になるのですが、初期ドメインであれば無料で運用することが出来ます。

まだ成果が出ていない方やこれから始める方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

 

設定がほぼ不要

初期ドメインはサーバーを申し込む際に同時に設定を行います。

そのため、ドメインとサーバーを紐つける作業が必要ありませんので、機械などに詳しくない方でも簡単にサイトを運用出来ます。

 

デメリット

SEO面ではあまり良くない

初期ドメインなどのサブドメインはSEO面ではあまり良くないとされています。

Googleでは1ページ目には同じドメインのサイトを2つ以上表示されない制限があります。

この制限の都合上SEO面ではあまり良くないとされています。

また、同じ親ドメイン(ConoHa Wingの場合は.conohawing.comの部分)使う人がSEO的にペナルティを受けてしまった場合、自分のサイトのSEOにも影響が出てしまいます。

このような点が初期ドメインのデメリットとなります。

 

まとめ

今回は独自ドメインと初期ドメインのどちらが良いのかについて紹介しました。

結論としては

独自ドメイン→安定してサイトを運営したい
初期ドメイン→費用をかけずに運営したい

という感じになるかと思います。

個人的には多少費用がかかっても安心して利用できる独自ドメインの方が良いかと思います。

それぞれ様々なメリット・デメリットがありますのでしっかりと比較して自分にあった方を取得すると良いでしょう。

おすすめの記事