1時間2.2円~利用可能!1時間単位で契約できるサーバーは?一時利用に最適!

スポンサーリンク

今回は1時間単位で契約できるレンタルサーバーについて紹介します!

(※ 記事内の価格は税抜表示です。)

 

1時間単位で契約できるレンタルサーバーとは

まず1時間単位で契約できるレンタルサーバーとは何なのでしょうか。

 

レンタルサーバーの多くは基本的に3ヶ月や12ヶ月など、長期間の契約になります。

しかし、「数時間だけサイトのバックアップとして使いたい!」というケースや、「キャンペーン期間中だけのサイトを公開したい!」というように長期間は使わないけど一時的に使いたいという場合もあるかと思います。

そんなときに今回紹介する1時間単位で契約できるレンタルサーバーがおすすめです。

 

今回紹介するサービスは初期費用や退会費用が0円、最低利用期間もありませんので、極端に言うと数分だけでも利用可能なサーバーになります。

また、一時的な契約だけでなくそのまま使い続けることももちろん可能ですので、是非継続して使っていただければと思います。

 

スポンサーリンク

1時間単位で契約できるおすすめレンタルサーバー

ではどのようなレンタルサーバーがあるのでしょうか。

今回紹介するレンタルサーバーはこちらの2つです。

  1. ConoHa WING
  2. wpX Speed

では詳しく解説していきます!

\8月4日までキャンペーン中!/

1.ConoHa WING

(出典:ConoHa WING)

\8月4日までキャンペーン中!/

ConoHa WINGは1時間2.2円~利用できる国内最速(※1)のレンタルサーバーです。

1時間ごとに課金される通常プランの場合、1時間2.2円~利用することが出来ます。

 

月の上限金額も設けられています。

一番下のプランであるベーシックの月の上限は1,320円となっており、上限を超えて課金されることはありません

例えば1ヶ月(30日間)利用した場合、2.2円×24時間×30日=1,584円になるのですが、上限が1,320円になっているため請求される金額は1,320円になります。

 

ConoHa WINGにはWINGパックという月額制のプランもあり、契約する期間の長さにもよりますが、1ヶ月あたり100円~400円安くなることもあります。

さらにキャンペーンもよく行われており、もっと安くなる場合もありますので、長期間使う方にもおすすめのレンタルサーバーです。

 

また、リザーブドプランというプランも用意されています。

こちらのプランはCPUやメモリなどのリソースが割り当てられているので、より安定して利用することが出来ます。

 

ConoHa WINGについてはこちらのページで詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください!

 

ポイント

  • 1時間2.2円~、月の上限1,320円(ベーシックの場合)
  • リソースが割り当てられているリザーブドプランがある
  • 長期間使う場合は月額制のWINGパックも用意されており、通常よりも100円~400円安くなる
  • キャンペーン期間中であればもっと安くなる

a

(※1 詳しくは公式サイト下部をご参照ください。)

ConoHa WINGへのお申込みは
キャンペーン中がおすすめ!

現在ConoHa WINGではキャンペーンが行われています。

このキャンペーンではWINGパックでベーシックプランを契約すると最大37%オフになります。

是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか!

 

キャンペーン期間:~2021年8月4日 18時まで

対象:
期間中にWINGパックのベーシックプランを新規で申し込んだ方
期間中に通常料金からWINGパックのベーシックプランに切り替えた方

注意:公式キャンペーンサイトをご確認の上、ご契約ください。

2.wpX Speed

(出典:wpX Speed)

wpX Speedは大手レンタルサーバー会社のエックスサーバー株式会社が運営するWordPress専用のレンタルサーバーです。

2020年7月20日時点のエックスサーバー株式会社調べで国内No.1のレンタルサーバー(※2)となっています。

 

こちらもConoHa WING同様、1時間2.2円~利用することができます。

月の上限もConoHa WING同様に設けられており、一番下のプランであるW1では1,320円になっています。

 

ConoHa WINGとの大きな違いはこちらの3点です。

  • 月額制がない
  • 全プランでリソースが割り当てられている
  • WordPress専用サーバーである

まず大きな違いとして定期契約のプランが無い点です。

ConoHa WINGにはWINGパックという定期契約制のプランがありますが、wpX Speedには定期契約制のプランはありません。

WINGパックで契約した場合、1時間2.2円~で利用するよりも安くなります。

そのため、価格面で考えると長期間使いたい場合はConoHa WINGがおすすめです。

 

しかし、リソースが割り当てられているサーバーを利用したい場合はwpX Speedがおすすめの場合もあります

wpX Speedの場合は全プランでCPUやメモリなどのリソースが割り当てられています。

 

先ほど紹介したConoHa WINGでもリザーブドプランというリソースが割り当てられているプランを紹介しましたが、価格、メモリ、ディスクの種類で比較するとwpX Speedの方がおすすめです。

 

ですが、それぞれ各ハードウェアごとに若干の差がありますので、自分がどちらの方を使いたいかを検討してから契約すると良いでしょう。

 

以下はConoHa WINGとwpX Speedの大きな違いです。

比較する条件をなるべく同じようにするためにConoHa WINGは共用のプランではなくリソースが確保されているリザーブドプランにて比較しております。

サービス名
プラン名
wpX Speed
W1
ConoHa WING
リザーブド 1GB
利用料2.2円/時(上限 1,320円/月)2.8円/時(上限 1,650円/月)
CPUコア数2コア2コア
メモリ2GB1GB
ディスク容量200GB300GB
ディスクの種類NVMeSSD
転送量目安2.5TB/月9.0TB/月
→27.0TB/月

優れている点を青字劣っている点を赤字で記載しました。

お互いいい点と悪い点がそれぞれありますので、自分がどちらが良いのかをしっかりと検討した上で契約してみると良いでしょう。

 

また、wpX SpeedはWordPress専用サーバーになっています。

他のCMS(ec-Cubeなど)を使っていて1時間単位のレンタルサーバーを契約したい場合はConoHa WINGになります。

 

wpX Speedについてはこちらのページで詳しく紹介しています!

ポイント

  • 1時間2.2円~、月の上限1,320円(W1の場合)
  • 月額制のプランはない
  • 全プランでリソースが割り当てられている
  • WordPress専用サーバー

 

b

(※2 詳しい計測方法については公式サイトにてご確認ください。)

\WordPress専用サーバー/

スポンサーリンク

まとめ

今回は1時間単位で契約できるレンタルサーバーについて紹介しました。

今回紹介したサービスはこちらの2つです。

  1. ConoHa WING
  2. wpX Speed

ConoHa WINGにはリソースが割り当てられていないプランである通常・WINGパックと、リソースが割り当てられているリザーブドプランがあります。

wpX Speedは全てのプランでリソースが割り当てられています。

 

目的によって異なるので一概に「これがおすすめ!」とは言えませんが、例えば

「安くてメモリが多いほうが良い!」という方はwpX Speed、

「高くてもリソースが確保されているほうが良い!」という場合はConoHa WINGのリザーブドプラン、

「リソースの割り当てはいらない!」という場合はConoHa WINGの通常・WINGパックプラン

を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、ConoHa WINGの通常・WINGパックプランでも十分安定して利用可能です。

 

1時間から利用でき、初期費用や退会費用もかかりませんので、是非気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

\8月4日までキャンペーン中!/
広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事