Google推奨のAMPとは?一発で見分ける方法やメリット、導入方法も紹介

今回は最近ブログには必須になってきているAMPについて設定方法などを解説します!

 

AMPとは?

まず、AMPとは何なのでしょうか。

Wikipediaには以下のように書かれています。

※Accelerated Mobile Pages=AMPです。

Accelerated Mobile Pages は、Googleが中心となって立ち上げた、モバイルでのウェブサイト閲覧を高速化することを目的とするオープンソースプロジェクトである。

簡単に言うとGoogleがスマホ向けに開発したホームページをより早く見るためのシステムです。

この機能が有効であれば検索結果などからWebページをタップ瞬間に開くようになっています。

AMPはスマホ向けの機能となっており、現在パソコンでは適用されません。

 

スマホで検索したときにURLの横に下の画像のような雷マークが付いているのを見たことがないでしょうか。

このマークがAMPが有効な証拠です。

タップしてみるとわかるかと思いますが、タップした瞬間ページが開いたかと思います。

このようにAMPを有効にすることで瞬時にページを開けるようになります。

AMPを有効にするメリットは?

AMPを有効化することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

AMPを有効化すると先程も紹介したようにサイトの表示速度が早くなります。

Googleによると、AMPページは読み込み時間を15%~85%減少させることができるとのことです。

そのため、ユーザーの満足度を高めることができ、PV数の増加など検索結果の上昇に繋がると予想されます。

 

AMPを有効にする方法

AMPはどのようにすれば有効にできるのでしょうか。

今回はWordPressでプラグインを使った設定方法を紹介します!

 

たった1手順でAMP化!

「AMP」プラグインをインストールする

まず、以下の手順で「AMP」プラグインをインストールします。

【WordPress管理画面→プラグイン→新規追加→右上検索ボックスに「AMP」と入れて検索】

すると青いアイコンの「AMP」というプラグインが表示されるので【今すぐインストール→有効化】を行います。

これで設定は完了です。

 

AMP化できているか確認する

次に、AMP化できているか確認してみましょう。

確認する方法は簡単です。

確認したいページのURLの後ろに「amp/」をつけます。

例えば当サイトのトップページであれば通常は以下のようになっています。

https://www.beginnerblog.net/

このページのAMP化されたページを見たい場合は後ろに「amp/」をつけて

https://www.beginnerblog.net/amp/

というようなURLにします。

ポイントはampを/で挟むことです。

こうすることでパソコンのブラウザでもAMP化されたサイトを確認する事ができます。

 

まとめ

今回はAMPについてや、設定方法、メリットなどについて紹介しました。

AMPは現在Googleがかなり推進しているシステムで、今後必須になってくる機能です。

今のうちから有効にすることで他のサイトよりも先にAMP化を目指しましょう!

おすすめの記事