レンタルサーバーの長期契約は本当にお得?おすすめできない3つの理由

スポンサーリンク

WordPressなどでよく利用されるレンタルサーバー。

そんなレンタルサーバーには長期契約プランというものがあります。

この長期契約プランで契約すると基本的に長ければ長いほど1ヶ月あたりの料金が安くなります。

 

しかし、長期契約するのは本当にお得なのでしょうか。

今回は長期契約をおすすめしない理由について紹介します!

 

長期契約はおすすめしない

(出典:写真AC)

いきなりですが、レンタルサーバーの長期契約はおすすめしません

理由はこちらの3つになります。

おすすめできない理由

  1. 無駄に払うことになる可能性があるから
  2. 下位プランへの変更ができないことが多いから
  3. サイトの引っ越しをしにくくなるから

では詳しく解説していきます!

 

1.無駄に払うことになる可能性があるから

(出典:Pixabay様)

まず、無駄に払うことになる可能性があるからという点です。

これは特に初心者の方に注意していただきたい点です。

 

長期契約すると1ヶ月あたりの金額が安くなります。

しかし、契約期間全体の金額を1度で支払うため、初期費用が金額が高くなってしまいます。

 

例えば12ヶ月契約した場合、1,000円/月、24ヶ月契約した場合、800円/月だとします。

すると、1度に支払う金額は12ヶ月契約の場合12,000円、24ヶ月契約の場合19,200円となり、最初にかかるお金が高くなってしまいます。

 

また、「ブログを今後続けられるか不安」という方には特に注意が必要です。

ほとんどのレンタルサーバーでそうなのですが、一度長期契約で契約してしまうと途中で辞めても残りの期間のお金は返ってきません

 

例えば12ヶ月契約で契約したとします。

しかし、8ヶ月目で辞めたくなっても残りの4ヶ月分の費用は返ってきません

つまり、結果的に4ヶ月分の費用を無駄に払ってしまったということになり、損をしてしまいます。

 

このような点から特に初心者の方には長期契約は注意していただきたいです。

 

ポイント

  • まとまったお金を一度に支払うので、初心者の方には大きな出費になる
  • 途中で辞めることになった場合、残りの期間の費用は返金されない

2.下位プランへの変更ができないことが多いから

(出典:写真AC)

次に下位プランへの変更ができないことが多いからという点です。

ほとんどのレンタルサーバーで契約期間中の上位プランへの変更は可能となっています。

しかし、下位プランへの変更が出来ないサーバーが多数あります

 

例えば一番下のプランであるAプラン、中くらいのBプラン、最上位のCプランがあったとします。

この中のBプランで契約したとして長期契約期間中にAプランに変えたくなっても手続きが出来ないということが多いです。

 

正直下位プランに変更したくなることはほとんどありません

しかし、「このプランが自分に合っているだろう」と思って契約しても実際にはオーバースペックだったということもあります。

そのような時に長期契約していると下位プランに変更することができませんので、注意が必要です。

 

ポイント

  • 契約期間中は下位プランに変更不可な場合が多い
  • 契約後にオーバースペックだと気づいても変更できないため、無駄なお金を払ってしまう

3.サイトの引っ越しをしにくくなるから

(出典:Unsplash様)

最後にサイトの引っ越しをしにくくなるからという点です。

基本的に長期契約期間中はサイトの引っ越しを行えません。

 

レンタルサーバーはどの会社も性能が年々アップしています

そのため、今使っているサーバーを超える性能で今より安いサーバーが登場することもあります。

 

しかし、長期契約をしている場合は契約終了まで待たないと引っ越しを行えないことが多いです。

もし引っ越しが出来たとしても契約終了までの分は返金されませんので、余計に支払いをしてしまうことがあります。

そのため、結果的に損をしてしまうということも考えられます。

 

ポイント

  • 他社サーバーに引っ越したくても引っ越せない
  • 引っ越せても残りの期間のお金は返ってこない

スポンサーリンク

一番いい契約方法は?

(出典:写真AC)

では一番いい契約方法は何なのでしょうか。

個人的には最初は6ヶ月契約以内で、長くても12ヶ月契約以内で契約すると良いかと思います。

大体のレンタルサーバーは長期契約の場合6ヶ月契約を堺に利用料が安くなることが多いです。

そのため、そこまで長くなく、かつ利用料が安くなる6ヶ月契約をおすすめします。

 

また、キャンペーンなどで12ヶ月契約以上の場合は○%オフなどの場合もあるかと思います。

そのような場合は12ヶ月契約をした方が他社と比較しても安くなるかと思いますので、12ヶ月契約をおすすめします。

 

一度6ヶ月や12ヶ月で契約してみて続けられる自身があるのであれば12ヶ月契約をしてみると良いでしょう。

 

逆におすすめ出来ないのが24ヶ月契約や36ヶ月契約です。

先ほども紹介したようにレンタルサーバーは年々リニューアルされています。

そのため、今は最新でも2年後、3年後は古くなっているということも十分考えられます。

そのため、長くても12ヶ月契約で契約することをおすすめします。

 

ポイント

  • 初めは6ヶ月契約以内がおすすめ
  • 一度6ヶ月契約以内で契約をして続けられるなら12ヶ月契約で更新
  • キャンペーンなどがあり、その期間まで続けられるのであれば12ヶ月もあり
  • 24ヶ月や36ヶ月は長すぎるのであまりおすすめできない

スポンサーリンク

まとめ

今回はレンタルサーバーの長期契約をおすすめしない理由について3つ紹介してきました。

今回紹介した理由はこちらになります。

おすすめできない理由

  1. 無駄に払うことになる可能性があるから
  2. 下位プランへの変更ができないことが多いから
  3. サイトの引っ越しをしにくくなるから

特に初心者の方で続けられるか不安という方はいきなり24ヶ月払いなどにするのはおすすめ出来ません。

初めは1ヶ月や3ヶ月などの短いプランで契約し、調子が出てきたら12ヶ月契約するなどして賢く節約してもらえればと思います。

 

また、

1時間単位で契約を行えるサーバーもありますので、是非こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事