ConoHa WINGのリザーブドプランとは?どんな人におすすめ?普通のプランと何が違うの?

スポンサーリンク

話題の共用サーバーであるConoHa WING。

現在ConoHa WINGの利用を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなConoHa WINGには、「リザーブドプラン」というプランがあります。

今回はこの「リザーブドプラン」についてどんなプランなのかなどを紹介していきます!

 

このページではこんなことがわかります。

この記事でわかること

  • リザーブドプランとは
  • 通常のプランとの違い

ぜひ最後までご覧ください!

 このページ内の通常とはベーシックなどの共用のプランの方を指します。
ConoHa WINGには料金プランとして通常というプランがあるのですが、それではありません。
わからない方は「リザーブドプランじゃない方」と思ってもらえればOKです。
ConoHa WINGへのお申込みは
キャンペーン中がおすすめ!

現在ConoHa WINGではキャンペーンが行われています。

このキャンペーンではWINGパックでベーシックプランを契約すると最大37%オフになります。

是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか!

 

キャンペーン期間:~2021年8月4日 18時まで

対象:
期間中にWINGパックのベーシックプランを新規で申し込んだ方
期間中に通常料金からWINGパックのベーシックプランに切り替えた方

注意:公式キャンペーンサイトをご確認の上、ご契約ください。

ConoHa WINGのリザーブドプランとは

Photo by Evan Dennis on Unsplash

 

まず、ConoHa WINGのリザーブドプランとは何なのかについて簡単に解説していきます。

リザーブドプランとはベーシックなどの通常のプランと異なり、より安定した環境で利用出来るプランです。

 

通常のプランの場合、1つのサーバーに複数のサイトが入っており、それぞれのサイトが1つのリソース(CPUなど)を共有で使っています。

そのため、同じサーバー内の他のユーザーが使いすぎて自分のページも重くなってしまうということが起こりえます。

 

しかし、

安定した環境でサイトを運営したい!

という方もいらっしゃるでしょう。

 

そういう方におすすめしたいのがこのリザーブドプランになります。

 

では具体的に通常のプランとリザーブドプランでは何が違うのかについて紹介します!

\8月4日までキャンペーン中!/

スポンサーリンク

通常のプランと何が違うの?

Arek SochaによるPixabayからの画像

 

次に、通常のプランとどう違うのかについて解説していきます。

 

先程も軽く解説しましたが、通常のプランではたくさんのサイトが1つのリソース(CPUやメモリなど)を共有で使っています。

 

しかし、リザーブドプラン(以下リザーブド)はリソースが自分用に割り当てられています。

そのため、実質自分だけにサーバーがあるというような感覚で利用することが可能です。

 

通常のプランではごちゃごちゃに混ざっているけれど、リザーブドでは1ユーザーごとに区切られているというような感じだとわかりやすいかもしれません。

こうすることで他のユーザーのサイトが重くても自分のサイトにほぼ影響は出ません

さらに、逆に自分のサイトが重くても他のユーザーに影響を与える心配もありません。

 

画像で表すと以下のような感じなっています。(雑ですみません。)

通常型の場合は全てのサイトで1つのCPUやメモリを使っている形になります。

一方でリザーブドの場合は1契約ごとにvCPUやメモリなどのリソースが割り当てられています。

ポイント

  • 通常のプランではリソースを共有で利用しており、一人が重いと全体が重くなる
  • 対してリザーブドは個別にリソースが与えられているので、誰かが重くても自分は重くならない

 

では、通常のプランとリザーブドではスペックに違いはあるのでしょうか。

\8月4日までキャンペーン中!/

スポンサーリンク

通常のプランとリザーブドプランとのスペック面での違いは?

 

次に通常のプランとリザーブドでスペックに違いはあるのかについて解説していきます。

 

通常のプランとの違いはリソースの割り当てと料金になります。

 

先程も解説しましたが、通常とリザーブドとの違いはリソースが割り当てられているか割り当てられていないかの違いになります。

ですので、リソースが異なります

ちなみに転送量や保存容量などには違いがありません

 

また、通常のプランとリザーブドでは料金が異なります

この点に関しては次の項目で詳しく解説します。

ポイント

  • 通常のプランとリザーブドではリソースが割り当てられているかどうかと料金が異なる
  • 転送量や保存容量などは変わらない
\8月4日までキャンペーン中!/

スポンサーリンク

通常のプランとリザーブドプランの料金の違いは?

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

 

次に通常のプランとリザーブドの料金の違いについて解説していきます。

 

ここではWINGパックで12ヶ月契約をした場合の料金を例に解説していきます。

WINGパックについてわからない方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

 

リザーブドの価格はこちらになります。

(出典:ConoHa WING)

ちなみに通常のプランの価格は1ヶ月あたりベーシックが900円、スタンダードが1,950円、プレミアムが3,900円となっています。

 

そのため、通常のプランよりも300円~1,200円高くなってしまいます。

ポイント

  • 通常のプランよりも300円~1,200円高くなる
\8月4日までキャンペーン中!/

では、リザーブドプランはどんな人におすすめなのでしょうか。

リザーブドプランはどんな人におすすめなの?

www_slon_picsによるPixabayからの画像

 

次にリザーブドはどんな人におすすめなのかについて紹介します。

あくまで「こんな人に向いているかな~?」と個人的に考えただけですが、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

個人的にはこのような人におすすめです。

おすすめ

  • 安定してサイトを運営したい人
  • 絶対にサイトを落としたくない人
  • 毎日膨大なアクセスがある人

このような方におすすめのプランかと思います。

特に上級者の方向けのプランかなと思います。

 

今回紹介したようにリザーブドは1契約ごとにリソースが割り当てられます。

そのため、通常のプランと比べるとより安定してサイトを運営することが出来ます。

つまり、サイトのアクセスが増えて重くなってきたという方や、同じサーバー内にある他のサイトの影響を受けて自分のサイトが重いという方におすすめです。

 

しかし、ベーシックなどの通常のプランでも十分安定して運営出来ます。

ですので、これから始めようという方は通常のプランから始めてみると良いでしょう。

ポイント

  • リザーブドは上級者の方におすすめ
  • 通常のプランでも十分安定している
    →特別アクセスが多く無ければ通常のプランで十分
\8月4日までキャンペーン中!/

まとめ

今回はConoHa WINGのリザーブドプランについて紹介しました。

 

リザーブドプランとは1ユーザーごとにCPUなどが割り当てられているプランになります。

そのため、他の人の影響を受けずにサイトを運営することができます。

 

リザーブドプランは個人的にはそれぞれこのような人に向いているかと思います。

ポイント

  • ベーシックなどの通常のプラン
    →アクセスが特別に多く無い方向け。基本的には通常のプランで十分。
  • リザーブドプラン
    →膨大なアクセスがあるサイト向け。通常のプランと比べるとより安定してサイトを運営出来る。

ConoHa WINGにはプランを変更できる機能もあります。

そのため、通常のプランでもさばききれないようなアクセスが来るようなサイトになってから通常のプランからリザーブドプランに変更するというような感じで考えれば良いでしょう。

\8月4日までキャンペーン中!/

 

ぜひあなたもConoHa WINGでブログを始めてみてはいかがでしょうか。

ConoHa WINGでおすすめのプランはどれ?

ConoHa WINGへのお申込みは
キャンペーン中がおすすめ!

現在ConoHa WINGではキャンペーンが行われています。

このキャンペーンではWINGパックでベーシックプランを契約すると最大37%オフになります。

是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか!

 

キャンペーン期間:~2021年8月4日 18時まで

対象:
期間中にWINGパックのベーシックプランを新規で申し込んだ方
期間中に通常料金からWINGパックのベーシックプランに切り替えた方

注意:公式キャンペーンサイトをご確認の上、ご契約ください。

広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事