記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

WordPressの見出しの付け方は?間違えるとどうなる?詳しく紹介!

今回はWordPressで記事を書く際にどのように見出しを付けていくと良いのかについて紹介します!

 

見出しとは

まず見出しとは何なのでしょうか。

見出しは上に「見出しとは」と大きく書かれているこれのことです↓。

 

この見出しを使うことによって、見る人が何について書いているのかがわかりやすいですし、SEO的にも良くなります

本で例えると章のようなものです。

 

ちなみに見出しの種類は見出し1~見出し6まであり、上から順にそれぞれこのような感じになっています。

見出しのデザインはテーマによって異なるので、必ずしもあなたのブログでこのように表示されるとは限りません。

見出しは6種類ありますが、基本的には見出し4くらいまでしか使いません。

もちろん使っても大丈夫なのですが、あまり細かくなりすぎるとわかりにくくなってしまうので見出し4くらいまでがベストでしょう。

 

ちなみに見出し1は本文内では使いません

基本的には1記事につき1「見出し1」となっています。

つまり、1つのページ内に見出し1は1つしか存在してはいけないようになっています。

実は見出し1は何も設定しなくてもタイトルに使われているんです。

この記事の場合は「WordPressの見出しの付け方は?間違えるとどうなる?詳しく紹介!」が見出し1になっています。

そのため、本文内で見出し1を使ってしまうと見出し1が重複するのであまりよろしくありません。

記事内では見出し2から順番に使っていくということになります。

ポイント

  • 見出しは本で言う章のようなもの
  • 見出し1はタイトルで使われているので、本文では使わない
  • 本文では見出し2から順に使っていく

見出しの適切な使い方

では見出しの適切な使い方について紹介していきます。

今回は例としてこのような記事の場合の見出しの付け方について紹介します。(全て架空のアプリです)

タイトル:
個人的なおすすめアプリ TOP3!

項目:
おすすめのアプリTOP3!<2>
-1.メッセージアプリ FINE<3>
–おすすめポイント<4>
-2.買い物アプリ Buysold<3>
–おすすめポイント<4>
-3.メモアプリ メモメモるん<3>
–おすすめポイント<4>
まとめ<2>

※<2>・・・見出し2、<3>・・・見出し3、<4>・・・見出し4

画像にするとこのような構成になります。

 

ではこのようになるようにそれぞれ見出しの設定をしていきましょう。

まず見出しにしたい文章を選択し、左上の「段落」をクリックします。

すると見出しの一覧が表示されるので、その中から設定したい見出しをクリックします。

例えば「おすすめのアプリTOP3!」を見出し2に設定したい場合は下の映像のようになります。

見出し2の場合はダークグレーの四角で囲まれれば成功です。

 

このようにして見出しを付けていくと最終的には下の画像のようになります。

今回は見出しのみを書いているので詰まっていて見ずらいかもしれませんが、本文を書くとちょいど良い間隔になるようになっています。

 

ではこれを「プレビュー」でどのように見えるのか見てみましょう。

このように自分のテーマの設定通りに表示されていれば完了です。

 

見出しを使う際の注意点

次に見出しを使う際の注意点を紹介します。

注意点は以下の2点になります。

  • 適当に見出しを付けない
  • 順番を守る

適当に見出しを付けない

まず適当に見出しを付けないようにしましょう。

 

見出しは商品のカテゴリ分けのような構成でつけていくようにすると良いです。

例えば扇風機を紹介するときに「家電→空調関連→扇風機」という風になります。

これが適当に付けていると「家電→空調関連→扇風機→調理器具→電子レンジ」のような感じであきらかにおかしなものが入ってしまうことになります。

ですので、ポイントとしては前の見出しに合ったものを次の見出しで付けるというような感じで付けていくと良いでしょう。

順番を守る

次に順番を守るようにしましょう。

見出しは見出し1~6のように上から順番に付けないといけません

たまに見出しのデザインにこだわって最初から見出し4を使ったりする方がいますが、それは間違った使い方になります。

しっかりと上から流れるように数字を使っていきましょう。

ちなみに戻る分には問題ありません。

例えば「見出し2」→「見出し3」→「見出し4」→「見出し2」のようになっても特に問題はありませんし、むしろ普通の使い方です。

ですので、順番はしっかりと守って使っていくようにしましょう。

 

まとめ

今回は見出しの使い方について紹介しました。

見出しは文章を読む上でわかりやすくなる要素の一つですので、しっかりと順番などを守って使っていくようにしましょう。

おすすめの記事