記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

そもそもレンタルサーバーとは何?レンタルサーバーの種類も紹介

今回はWordPressなどで使われるレンタルサーバーとはそもそも何なのかについて紹介します!

 

レンタルサーバーとは

びーくん
そもそもレンタルサーバーって何なの?

そもそもレンタルサーバーとは何なのでしょうか。

レンタルサーバーとはざっくり言うと24時間365日稼働しているパソコンを貸し出しているサービスのことです。

 

通常WordPressなどでブログを始めるにはまずサーバーが必要です。

実はブログなどで使われるサーバーは一般的に販売されているパソコンでも代用可能なのです。

しかし、自前でサーバーを稼働するとなるといつアクセスされるかわからないので24時間常にパソコンをつけておく必要があります。

そうすると電気代がかなりかかってしまいますし、24時間ずっとサーバーをつけていると火災の原因になってしまう場合があります。

さらにサーバーのメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

 

このように自前で準備するとなるととても大変です。

そこでレンタルサーバーがよく使われています

 

レンタルサーバーはサーバーをレンタルサーバー会社が管理しているため、サーバーを立てたり、機械自体のメンテナンスを行う必要がありません

また、24時間プロの技術者がサーバーの管理場所に常駐している会社も多いため、不具合が発生しても即対応が行われます。

電気代も利用料の中に含まれているので追加で払う必要もありません。

 

利用者はレンタルサーバー会社に利用料を支払うだけでサーバーの準備からメンテナンスまで全て行ってくれます。

そのため、私たちユーザーはデータをレンタルサーバー会社に預けて(保存して)おくだけで読者がアクセスしたときに自動的にサイトを表示してくれるのです。

ポイント

  • レンタルサーバーとはサーバーの貸し出しサービス
  • 自宅に設置するのに比べてハードルが低い
  • 利用料を払うだけで使える

どんな種類のレンタルサーバーがあるの?

レンタルサーバーには大きく分けて共用サーバー、専用サーバー、VPSの3つの種類があります。

それぞれ簡単に解説していきます!

 

共用サーバー

共有サーバーは1つのサーバーを複数人で利用するサーバーのことです。

1つのサーバーを複数人で使うので1人のサイトが重いと全体的に重くなってしまうのがデメリットですが、かなり低価格で利用することができます。

WordPressを始める際にはこの共用サーバーがよく用いられます。

 

共用サーバーを提供しているサービスとしてはたくさんありますが、ConoHa WINGやLolipop!、XSERVERなどが有名です。

各サービスの特徴などについてはこちらのページで詳しく紹介しているので是非あわせてご覧ください!

>>【2020年9月最新】初心者におすすめのサーバー3選!特徴やデメリットも紹介

 

専用サーバー

専用サーバーは共用サーバーの独占版のようなサーバーです。

専用サーバーは1つのサーバーを実質1台借りられる(※)という感じのサーバーとなっているので重くなりにくいですが、価格が高い場合が多いです。

WordPressを始める時に最初から契約するというよりかは毎日大量のアクセスがあって重たいサイトを運営するときや、企業のサイトを運営するときなどによく用いられます

(※実際には1つのサーバーのリソース(CPUやメモリなど)を1ユーザー毎に割り当てることで実質その人専用のサーバーとして提供しているサービスがほとんどです。ここでは便宜上サーバーを1台借りられるという風に表記しています。)

 

VPS

VPSは上の2つと比べると少し異なる種類のレンタルサーバーです。

共用サーバーや専用サーバーはサーバーのプログラムなどが既に準備されており、そこのWordPressなどをインストールして使うという場合がほとんどです。

しかしVPSの場合はサーバーのOSをインストールするところから始めるのでサーバーを1から組み立てていくというタイプのサーバーになります。

VPSはWordPressで使う以外にもゲームのサーバーとして利用したり、FXなどの取引で使われる場合もあり、上の2つのサーバーと比べると自由度の高いレンタルサーバーとなっています。

もちろんVPSでもWordPressは使えるのですが、自由度が高いだけに専門的な知識が必要な場合などもありますので、上級者向けのレンタルサーバーとなっています。

 

まとめ

今回はレンタルサーバーとは何なのかとレンタルサーバーの種類について紹介しました。

レンタルサーバーとはこのようなものです。

レンタルサーバーとは

  • レンタルサーバーとはサーバーの貸し出しサービス
  • 自宅に設置するのに比べてハードルが低い
  • 利用料を払うだけで使える

また、サーバーの種類には大きく分けて共用サーバー、専用サーバー、VPSの3つがあり、それぞれこのようになっています。

サーバーの種類

  • 共用サーバーはみんなで使うサーバー
  • 専用サーバーは独占して使えるサーバー
  • VPSは1から作るサーバー

WordPressを始めるなら個人的には共用サーバーがおすすめです。

是非あなたも共用サーバーでブログを始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事