クラウドソーシングの画像加工案件の作業内容は?相場や必要なスキルも解説

スポンサーリンク

副業におすすめのクラウドソーシング。

そんなクラウドソーシングには「画像加工」と呼ばれる仕事があります。

しかし、画像加工とはどんな仕事なのか、知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は画像加工の案件ではどんな作業をするのか、また相場や必要なスキルについても解説します!

 

このページではこんなことがわかります。

この記事でわかること

  • 画像加工案件の相場
  • 画像加工案件の作業内容
  • 画像加工案件を受けるために必要なスキル

ぜひ最後までご覧ください!

クラウドソーシングの提案文の書き方はこちら!

画像加工案件とは

Noé CalderónによるPixabayからの画像

まず、画像加工案件とは何なのかというところから解説していきます

 

画像加工案件とはそのままですが、画像を加工する仕事になります。

加工する画像はネットショッピングの商品画像や、YouTuberの動画のサムネイル(おすすめなどに表示される画像)などです。

 

画像加工案件はスキルを要する案件の中でも比較的簡単なものになります。

そのため、「スキルを付けてクラウドソーシングで稼ぎたい!」という方にもおすすめです。

 

しかし、しっかりとスキルを身に付けないと稼げません

ここではスキルの身に付け方などについても解説していきます。

ポイント

  • 画像加工案件はそのままだが、画像を加工する仕事
  • ネット通販の画像や、YouTuberの動画のサムネイルを作る
  • クラウドソーシングの中では比較的簡単だが、スキルをしっかりと身に付ける必要がある

スポンサーリンク

編集する画像の内容

sarajuggernautによるPixabayからの画像

次に編集する画像の内容について解説します

 

編集する画像は先ほども軽く紹介しましたが、このような画像を加工していく案件になります。

編集する画像の内容

  • YouTube動画のサムネイルの作成
  • ホームページに掲載する画像の作成
  • ネットショッピングサイトで使う商品画像の加工   など

もちろん案件によって編集する画像は変わってきます。

 

最近ではネットショッピングで販売する店舗が増えてきました。

しかし、商品画像をおしゃれに作れる人が少ないため、クラウドソーシングサイトを使って募集をしている店舗が多いです。

そのため、特にネットショッピング用の商品画像の加工案件はそこそこ多い案件になります。

 

商品画像作成の案件は特にネット通販の画像を制作したことがある方が選ばれやすいです。

もし過去にネット通販の画像を制作していた経験があるのであればおすすめの案件です。

 

また、YouTube動画のサムネイルの作成案件も増えてきている印象です。

YouTubeの場合、動画を視聴する時にいちばん目に入りやすいのがサムネイルです。

そのため、YouTuberはサムネイルにこだわっています。

 

YouTubeのサムネイルを作る仕事であれば、過去にYouTubeで動画配信をしていた方は採用されやすいかと思います。

また、これは画像加工案件全般に言えるのですが、提案する際にイメージ画像などを付けるとより採用されやすいかと思います

ポイント

  • 編集する画像は通販サイトの商品画像や、ホームページの画像など
  • 通販サイトの画像の編集は過去に商品画像の制作などに携わっていた方にオススメ
  • YouTubeのサムネイルの作成は過去にYouTubeで活動していた方にオススメ

スポンサーリンク

画像加工案件の作業内容

Photo by Ryan Clark on Unsplash

次に画像加工案件の作業内容について解説します

 

画像加工案件の作業内容としてはこのようなものがあります。

画像加工案件の作業内容

  • 色調補正
  • テキストを入れる
  • フリー素材を入れる   など

画像加工案件の場合、作業はほぼワーカー(作業する側)に任されることが多いです。

そのため、最終的に素敵な画像に仕上げようと思ったらこれ以上の作業が必要になる場合があります。

ポイント

  • 作業内容は案件によってさまざま

スポンサーリンク

画像加工案件に必要なスキルや技術

次に画像加工案件に必要なスキルや技術について解説していきます

 

ここでは必要なスキルと、その勉強法についても解説しています。

画像を加工するために必要なスキル

画像加工するためにはもちろんソフトを扱えるスキルが必要になります。

 

画像加工案件では主に「Adobe Photoshop」といったソフトが用いられます。

ソフトの名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

Adobe Photoshop」はカメラマンやフォトグラファーなど、プロの写真家の方々も利用しているソフトです。

このソフトさえあればどんな画像でも作れると言っても過言ではないでしょう。

 

また、「Adobe Illustrator」というソフトも場合によっては必要になることがあります。

このソフトは「Illustrator」となっていますが、画像の加工にも使うことができます。

 

Adobe Illustrator」はロゴや文字などを入れる時に用いられたりします。

Adobe Photoshop」の方でも文字入れは可能なのですが、「Adobe Illustrator」の方がレイアウトしやすかったりするそうです。

そのため、画像加工案件を受ける場合は、「Adobe Photoshop」と「Adobe Illustrator」の両方ともを扱えると良いでしょう

ポイント

  • 画像加工案件は最低でも「Adobe Photoshop」のスキルは必要
  • 「Adobe Illustrator」のスキルもあった方が良い

スキルの付け方

しかし、「そうは言ってもスキルの付け方が分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方には完全オンラインで学習ができるUdemy」というサービスがおすすめです。

 

Udemyでは最初から最後まで完全にオンラインで講座を受けることができます

講座はリアルタイムの授業ではなく、動画形式のものになっています。

そのため、時間がない方でもスキルを身につけやすいです

 

価格は数万円する講座もありますが、よくキャンペーンが行われており、キャンペーン期間内に講座を購入することで安く勉強できます。

ちなみに、月額制ではなく、一回きりの支払いですので、オンラインスクールよりもかなり安く学習できるかと思います

ぜひあなたもUdemyで勉強してみてはいかがでしょうか。

画像加工案件を受けるために必要な機材やソフト

次に画像加工案件を受けるために必要な機材やソフトについて解説していきます

 

ここでは、必要な機材と必要なソフトで分けて解説していきます。

画像加工案件を受けるために必要な機材

まず、画像加工案件を受けるために必要な機材から解説していきます

 

画像加工案件を受けるのに必須となる機材はパソコンです。

パソコンのスペックはめちゃめちゃ高いスペックのパソコンはいらないですが、反対にめちゃめちゃ低スペックなパソコンでは厳しいです。

スペックにもよりますが、価格は5万円~7万円くらいのものであれば大丈夫だと思います。

 

Photoshopの推奨スペックは公式サイトから確認できます。

自分の買おうとしているパソコンが推奨スペック以上のものかをしっかりと確認してから買うようにしましょう。

 

また、ペンタブレットがあると良いかと思います

ペンタブレットはブラシツールなどを使う時に便利です。

もし予算に余裕があるのであれば、ペンタブレットもあると良いでしょう。

 

ちなみに、スマホやタブレットでも画像加工自体はギリギリできなくはないかもしれません。

しかし、本格的に加工をしようと思ったらパソコンが必須になります。

クライアントによってはタブレットでもOKな場合がありますが、ほとんどの場合パソコンでの作業を要求されます。

ですので、画像加工の仕事をしたいのであれば、パソコンを買うようにしましょう。

 

スマホやタブレットでできる仕事についてはこちらのページで紹介しています。

ポイント

  • 画像加工案件は最低でもそこそこのスペックのパソコンが必要
  • ペンタブレットもあれば作業効率が上がったりする

画像加工案件を受けるために必要なソフト

次に画像加工案件を受けるために必要なソフトについて解説します

 

必要なソフトは案件によって異なることもありますが、基本的には先ほど紹介したような「Adobe Photoshop」や「Adobe Illustrator」が必要になります。

これらのソフトは有料となっています。

それぞれ単品で契約すると、「Adobe Photoshop」が月額980円~(フォトプランの場合)、「Adobe Illustrator」が月額2,480円~(Illustrator – 単体プランの場合)となっています。

 

ちなみに、Adobeには「コンプリートプラン」というプランが用意されています。

こちらのプランに入ることで、20以上のAdobe製品を利用することができます

もちろんPhotoshopやIllustratorも利用できますので、Adobe製品をたくさん使いたい方はこちらのプランがおすすめです。

価格は月額5,680円~となっています。

 価格は税抜き表示です。

ポイント

  • ソフトは「Adobe Photoshop」と「Adobe Illustrator」が必要
  • 別々で両方契約すると月額3,460円~かかる
  • 「コンプリートプラン」だと月額5,680円~で20以上のAdobe製品を利用できる

画像加工案件の相場

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

最後に画像加工案件の相場について解説します

 

画像加工案件の相場は単価1,000円~5,000円前後となります。

上記の価格は画像1枚あたりの単価となっています。

そのため、例えば5枚発注される場合は5,000円~25,000円前後になるかと思います。

 

上記の値段はざっくりと確認した感じの相場ですので、もちろん案件によって異なります

 

画像加工案件はクラウドソーシングの中ではそこそこ高めの相場になっていると思います。

 

画像加工案件はかんたんな仕事ではありませんが、動画編集やプログラミングなどと比べると初心者の方でもやりやすい案件だと思います。

しっかりとスキルを付ければ稼いでいける業界だと思いますので、ぜひ挑戦してみてください!

ポイント

  • 相場は単価1,000円~5,000円
  • 作業内容によってかなり変わってくる

まとめ

今回は画像加工案件の仕事内容や、必要なスキル、相場を解説しました。

 

画像加工案件はネット通販の画像を作ったり、YouTuberのサムネイルを作る仕事になります。

また、必要なスキルは「Photoshop」などの画像編集ツールを扱えるスキルとなります。

相場は単価1,000円~5,000円前後です。

 

あなたもスキルをしっかりと身に付けて画像加工案件を受けてみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングの提案文の書き方はこちら!

広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事