クラウドソーシングのタスク形式の仕事とは?内容や流れ、難易度を紹介

スポンサーリンク

副業におすすめのクラウドソーシング。

そんなクラウドソーシングには複数の仕事の形式があります。

その中には「タスク」という形式の仕事があります。

しかし、「タスク形式って何?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はその中からタスク形式の仕事について、どんな仕事なのか、また仕事の流れや難易度を紹介していきます!

 

このページではこんなことがわかります。

この記事でわかること

  • タスク形式の仕事とは
  • タスク形式の流れ
  • 難易度

ぜひ最後までご覧ください!

 

タスク形式の仕事とは

Image by Tumisu from Pixabay

では早速ですが、タスク形式の仕事について解説していきます。

 

タスク形式の仕事は不特定多数のワーカーを対象に調査を行う際などに使われる形式です。

具体的にはアンケートやブログの感想文を集めたいときなどに使われることが多いです。

そのため、通勤時間などのスキマ時間で稼ぐことができる形式の案件になります。

 

また、一定数に達するまでは全員がその仕事を行うことができます

通常のプロジェクト形式の仕事の場合、応募した人の中からクライアント(依頼者)が選んで、その人に仕事をしてもらうという形になります。

しかし、タスク形式の仕事の場合は一定数に達するまでは誰でも作業できるようになっています。

 

ですが、単価は他の案件と比べるとかなり低いです。

仕事内容は先程も書いたようにアンケートやブログの感想文になります。

そのため、スキルなどを要するプロジェクト形式(普通の案件)の仕事に比べると単価が低くなります

特にアンケートは単価10円前後のものも少なくありません。

ポイント

  • タスク形式は多くの人に調査を行うときによく使われる形式
  • スキマ時間で稼ぐこともできる
  • 単価は低い

スポンサーリンク

タスク形式の仕事の難易度

Arek SochaによるPixabayからの画像

次にタスク形式の仕事の難易度について解説します。

結論から言うとタスク形式の仕事はクラウドソーシングの仕事の中でもかなり難易度が低いです。

 

タスク形式の仕事は先述したようにアンケートやかんたんな感想など誰にでもできるような仕事が多いです。

そのため、クラウドソーシングを始めたばかりの方でも作業をすることができるでしょう。

 

また、タスク形式の仕事は単発の仕事になるので楽に作業ができるかと思います

通常のプロジェクト形式の仕事は継続発注という形で作業を進めていくことが多いです。

そのため、「これが終わったらまた作業をしないといけない」というような感じになってしまいます。

しかし、タスク形式は一回きりの仕事になりますので、プロジェクト形式の仕事と比べると楽に作業ができるかと思います。

ポイント

  • 仕事内容はアンケートや感想文など誰にでもできる仕事が多い
  • クラウドソーシング初心者の方でもできる
  • 単発で作業ができるので、楽に作業できる

スポンサーリンク

タスク形式の作業の流れ

Free-PhotosによるPixabayからの画像

では、タスク形式の作業の流れを解説していきます。

 

タスク形式の仕事はこのような流れで作業を進めていきます。

タスク形式の仕事の流れ

  1. 案件を見つける
  2. 作業を行う
  3. クライアント(依頼者)が承認する

ではそれぞれ詳しく解説していきます。

 

1.案件を見つける

まず、案件を見つけます

 

タスク形式の案件はサイトにもよりますが、仕事を探す画面から絞り込みで探せる場合が多いです。

一覧の中から自分がやりたいタスク形式の仕事のページを開き、作業を開始するボタンを押します。

 

このときに通常(プロジェクト形式)の案件と違うところはクライアント(依頼者)がワーカー(仕事をする人)を選ばないという点です。

プロジェクト形式の仕事の場合、まずワーカーがその案件に応募をします。

クライアントは応募してきた人の中から仕事をしてほしい人を選び、その人に仕事を任せるという流れになります。

 

しかし、タスク形式の場合は基本的にはそのような作業はありません。

タスク形式の仕事は一定数に達するまでは仕事をしたい人全員が作業を行えます。

そのため、案件を見つけたらすぐに作業に取り掛かることができます

2.作業を行う

次に作業を行います

ここで行う作業は案件によって異なります。

 

ここでもプロジェクト形式の仕事と異なる点があります。

それは納品の形式です。

 

プロジェクト形式の仕事の場合、サービス内でファイルのやり取りをしたり、外部のファイル共有サービスを使ったりする場合があります。

しかし、タスク形式の仕事の多くはクラウドソーシングサービス内の入力欄に直接入力を行うと完了となります。

そのため、パソコンが無い方や、電車の中などでかんたんに行うことができます

 

作業ができたら納品を行います。

3.クライアント(依頼者)が承認する

最後にクライアントが承認します。

 

もちろんタスク形式の仕事でもクライアントのチェックが入ります。

ここでクライアントが承認すればタスク形式の仕事が完了となります。

 

これでタスク形式の仕事が完了となります。

スポンサーリンク

まとめ

今回はタスク形式の仕事の概要や流れなどについて解説しました。

 

タスク形式の仕事の多くは知識やスキルがなくてもできます。

そのため、クラウドソーシング初心者の方でも比較的かんたんにできる仕事になります

また、スキマ時間を活用して稼ぐことができます。

 

しかし、プロジェクト形式の仕事と比べると単価が低くなってしまいますので、注意が必要です。

ぜひあなたもタスク形式の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

スキルが無い人がクラウドソーシングでできる仕事はこちら!

広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事