クラウドソーシングにはどんな種類の仕事がある?難易度や必須スキルも紹介

スポンサーリンク

副業におすすめのクラウドソーシング。

そんなクラウドソーシングにはたくさんの種類の仕事があります。

しかし、「それぞれどんな仕事なのかよくわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなクラウドソーシングの仕事にはどんな種類の仕事があるのか、またその仕事の詳細について詳しく解説していきます!

 

ここで紹介するお仕事に中にはスキルを要するものもあります。

ですが、「スキルがなくて受けられない!」という方も多いでしょう。

そんなスキルが無い方でも0から学習を始められる方法も紹介しています。

こちらもぜひ参考にしてみてください!

 

このページではこんなことがわかります。

この記事でわかること

  • クラウドソーシングの仕事の種類
  • それぞれどんな仕事なのか
  • スキルの付け方

ぜひ最後までご覧ください!

経験者が解説!
クラウドソーシングで仕事を受ける際の注意点はこちら!

クラウドソーシングの仕事の種類

Lubos HouskaによるPixabayからの画像

では早速ですが、クラウドソーシングにはどんな仕事の種類があるのかについて解説していきます。

 

クラウドソーシングには主にこのような種類の仕事があります。

クラウドソーシングの仕事の種類

  • データ入力系
  • ライティング系
  • お客様対応系
  • Web〇〇系
  • 〇〇製作系

今回は下に行くほど難易度が高くなっていきます。

しかし、難易度が高いからといって諦めてしまうのはもったいないです。

ちょっとでも興味があったらぜひご覧ください!

 

ではそれぞれ詳しく解説していきます!

データ入力系

まず、データ入力系の仕事です。

データ入力系は文字通りデータを入力していくお仕事になります。

 

データ入力の具体的な作業としてはこのようなものがあります。

  • 商品登録、出品作業
  • 名刺などの情報を入力する作業
  • 画像の文書を文字の文書に書き起こす
  • ネットショッピングなどのリサーチ作業

他にも様々な種類のデータ入力の作業があります。

 

データ入力は難易度はそこまで高くありません

データ入力のお仕事の多くは、スキルが不要で、マニュアルが準備されています

そのため、初心者の方でもかんたんに作業できるジャンルの仕事になります。

 

しかし、データ入力には単価が低いというデメリットがあります

データ入力はマニュアルさえ読めれば誰でもできる仕事がほとんどです。

ですので、単価が低く、時給換算すると300円~500円前後というような仕事も少なくありません。

仕事によってはそれ以下という仕事もあります。

そのため、データ入力系の仕事をずっと続けていくというのは厳しいでしょう。

 

さらに、競争率が高いというデメリットもあります

データ入力系の仕事は先述したようにスキルが不要で初心者の方でもかんたんにできる仕事になります。

そのため、採用人数に対して応募する人数が多く、その仕事に採用されにくいというデメリットがあります。

例えば採用人数が3人の仕事に対して10人以上が応募しているということもあります。

ですので、競争率が高く、仕事をもらいにくいジャンルとなります。

 

データ入力の仕事は初心者の方でもかんたんにできるため、初めての仕事としてはおすすめです。

しかし、単価が低いため、データ入力を続けていくというのは少し厳しいかと思います

ポイント

  • データ入力は商品登録をしたり、画像データを文章化するお仕事
  • マニュアルが準備されていることが多く、初心者の方でもかんたんにできる
  • しかし、単価が低く、競争率も高いためずっと続けるのは厳しい

ライティング系

次にライティング系の仕事です。

ライティング系の仕事はあるテーマに沿って記事を書いていくというような仕事になります。

 

ライティング系の具体的な仕事としてはこのようなものがあります。

  • クライアントのブログに載せる記事の作成
  • クライアントが販売する電子書籍のライティング
  • メルマガの作成
  • ネットショッピングサイトの商品説明文の作成

他にもライティングの仕事はありますが、主にこのような仕事があります。

 

ライティング系の仕事は少し知識や技術が必要になります。

なぜならその文章のテーマについて詳しくないといけないからです。

 

例えば「〇〇という時計のブランドについての記事を書いて下さい!」という案件だとします。

しかし、あなたが〇〇というブランドについて知識がなければどうでしょうか。

恐らくクライアントの満足のいく文章に仕上げるのは難しいでしょう。

そのため、データ入力と比べるとやや難易度の高いジャンルの仕事になります。

 

また、テーマ以外にも技術的な知識も必要になります。

例えばブログの場合、技術的な知識として「SEO」というものがあります。

ちなみに「SEO」とはあるワードでGoogleなどで検索された際に検索結果の上位を取るための技術です。

この技術は主にブログのライティングをする際にほぼ必須と言える技術となります。

そのため、ライティングに関する技術的な知識がない初心者の方には厳しい仕事になるでしょう。

 

しかし、ブログや電子書籍などのライティングではなく、ネットショッピングなどの商品説明文の作成であれば初心者の方でも可能です。

商品説明文のライティングをする仕事のほとんどは、もとになる文章が用意されていることが多いです。

その文章を参考にライティングを進めていくという仕事もありますので、初心者の方はそのような仕事から始めてみるのも良いでしょう。

ポイント

  • ライティング系はブログや電子書籍、商品説明文を書く仕事
  • 専門的な知識や技術を要するため、少し難易度が高め
  • しかし、商品説明文であればギリギリ初心者の方でもできると思われる

お客様対応系(メールや電話でのお客様対応など)

TumisuによるPixabayからの画像

次にお客様対応系の仕事です。

お客様対応系のお仕事にもメールや電話で対応する仕事などさまざまな種類のお仕事があります。

 

お客様対応系の具体的な仕事としてはこのようなものがあります。

  • ネットショッピングのメールや電話でのお客様対応
  • テレアポ
  • 会社への提案

お客様対応系と言ってもメールに返信するようなものだけでなく、さまざまな対応のお仕事があります。

 

お客様対応系のお仕事はどちらかというと難易度は低めです。

ネットショップのお客様対応の場合、基本的にはマニュアルが準備されています、

そのため、マニュアル通りに返信をしていけばOKということが多いです。

 

また、もしわからないところがあればクライアントの方に質問をしてその通りに回答していくというような形となっています。

単純作業に近いような形なので特に知識がなくても作業を進められます

 

ですが、サラリーマンの方が副業でお客様対応のお仕事をすることは厳しいでしょう。

基本的にお客様対応のお仕事は平日の日中に行わなければいけないことが多いです。

つまり、日中は会社でお仕事をされている多くのサラリーマンの方にとっては、お客様対応系は難しいかと思います。

しかし、主婦の方は日中のスキマ時間でできるようなお客様対応のお仕事もありますので、主婦の方にはおすすめのお仕事かと思います

 

ちなみに、お客様対応のお仕事は正しい敬語を使えるかなどビジネスマナーが問われるお仕事でもあります。

これは当然なのですが、対応するお客様は全員クライアントさんの大事なお客様です。

もし、不正確な対応や、適当な対応をしてしまうとクライアントさんがダメージを受けることになってしまいます。

そのため、ビジネスマナーがきっちりとしている方におすすめです。

過去にコールセンターなどで働かれていた方は特におすすめのお仕事だと思います。

ポイント

  • お客様対応系はネットショッピングのメール対応や電話対応を行う
  • 日中対応しなければいけないお仕事が多いため、サラリーマンの方には厳しいと思われる
  • しかし、主婦の方にはおすすめ

Web〇〇系(Webデザイン、Webサイト制作など)

次にWeb〇〇系の仕事です。

Web〇〇系の仕事は個人や企業のホームページを作ったり、デザインをしたりする仕事になります。

 

Web〇〇系の具体的な仕事としてはこのようなものがあります。

  • ホームページを制作する
  • ホームページのデザインをする
  • エラーなどを修正する
  • サイトのチェックをする

Web系の仕事は他にもたくさんあります。

Web系の仕事は年々需要が高まっており、最近では特に募集の多い仕事になります。

 

Web系の仕事は今回紹介する仕事の中でも難易度は高めです。

なぜならHTMLやCSSなどといった専門的な知識が必要になってくるからです。

そのため、Web系の仕事は何も知識のない初心者の方にとっては厳しいお仕事の種類になります。

 

しかし、先程も書いたように需要は高くなっており、単価もクラウドソーシング内だとかなり高めのお仕事になります。

多少のスキルは要しますが、将来性のあるお仕事ですので、この機会に勉強してみると良いでしょう。

 

ですが、勉強の方法がわからないという方もいらっしゃるかと思います

勉強の方法はいくつかありますが、個人的にはオンライン学習がおすすめです。

例えば「TechAcademy」というサービスであればわざわざ通わなくても自宅で完結できます。

さらにWeb系のコースの他にも動画編集やアプリ開発などさまざまなコースが用意されています。

無料体験講座もありますので、少しでも興味があればぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

〇〇製作系(画像、動画、イラストなど)

Photo by Ryan Clark on Unsplash

最後に〇〇制作系の仕事です。

ここでは〇〇制作系とは画像制作や動画制作、イラスト制作などのことを言います。

 

〇〇制作系の具体的なお仕事としてはこのようなものがあります。

  • YouTubeに投稿する動画の編集やサムネイル(おすすめ動画などに表示される画像)の作成
  • ネットショップの商品ページで使用する商品画像の編集
  • SNSなどのアイコンの作成

〇〇制作系のお仕事もこの他にたくさんあります。

この動画制作や画像制作も最近需要が高くなってきている種類のお仕事になります。

 

このような制作系のお仕事も難易度は高めです。

今回紹介した中で一番難しいと言っても過言ではないでしょう。

なぜなら制作のための知識がないと作業をできないからです。

 

こちらのお仕事もWeb系のお仕事同様に動画や画像などに関する知識が必要になります。

特にイラストに関しては知識以外にも技術が必須となります。

そのため、過去に画像や動画の制作に携わっていた方や、イラスト系のお仕事を過去にしていた方でないと厳しいでしょう。

 

しかし、このような制作系のお仕事も最近伸びてきているお仕事になります。

特に動画に関しては5Gの普及などで企業が動画広告などへ力を入れています

そのため、動画編集者の需要は高まってきています。

今のうちに動画編集のスキルを付けておくと今後活躍できるかと思います。

 

そうはいっても、「動画編集などの勉強の方法がわからない!」という方も多いかと思います。

そんな方にはオンラインで学習ができる「Udemy」というサービスがおすすめです。

(出典:Udemy様)

このUdemyにはさまざまなコースが用意されています。

ちなみに画像編集やイラストの講座もあります

コースの中にはもちろん動画編集コースがあり、実際に企業の動画広告を編集している方の講座を受けることもできます

 

実際に僕も「Adobe Premiere Pro」という動画編集ソフトの講座を受けたことがあります。

このソフトはトップYouTuberの方が使うようなプロ仕様のソフトとなっており、初心者の僕でも扱えるか不安でした。

 

しかし、Udemyのとある講座で勉強してみたところ動画の読み込みから完成までしっかりとできるようになりました。

料金は通常時は2万円程度と高いですが、頻繁にキャンペーンが行われており、安いときでは1,200円で受けることができます

Udemyの場合は支払いは月額制ではなく1回きりですので、1,200円で最初から最後まで動画編集を勉強することもできます。

ちなみに動画編集の場合、ソフトは「Adobe Premiere Pro」というソフトと、「Adobe After Effects」という2つのソフトを勉強しておくのがおすすめです。

ぜひUdemyで勉強してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回はクラウドソーシングのお仕事の種類について解説しました。

 

クラウドソーシングには主にこのような種類のお仕事があります。

クラウドソーシングの仕事の種類

  • データ入力系
  • ライティング系
  • お客様対応系
  • Web〇〇系
  • 〇〇製作系

今回紹介したお仕事は大雑把なものになります。

実際にはここで紹介した以外のお仕事もあったりします。

 

また、クラウドソーシングで働くのであればまずはアカウントが必要です。

とりあえずアカウントを作るところから始めてみましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトはクラウドワークスやランサーズになります。

ぜひ登録してみてはいかがでしょうか!

 

経験者が解説!
クラウドソーシングで仕事を受ける際の注意点はこちら!

広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事