高機能なWordPressテーマ「Diver」 メリット・デメリットは?

高機能でおしゃれなサイトをデザイン出来るWordPressテーマ「Diver」

今回はDiverのメリット・デメリットや実際に使ってみての感想について紹介していきます!

 

Diverのメリット・デメリット

まず、Diverのメリット・デメリットについて紹介します。

 

メリット

メリットとしてはこのようなものがあります。

Diverのメリット
  1. 機能が豊富
  2. SEO設定が充実
  3. 入力補助が便利
  4. サポートが手厚い
  5. 複数サイトで利用可能
  6. アップデートが多い
  7. ワンクリックでAMP化出来る
  8. おしゃれなサイトを作れる

1.機能が豊富

Diverは機能がかなり豊富です。

HTMLやCSSがわからなくても

こんな枠を作ったり

びーくん
こんなセリフ形式の枠を作ったりすることもできます。

 

「こうしたい!」と思ったことは大体実現出来るくらい機能が豊富なので、Diverさえあればなんでもできてしまいます。

ちなみに僕もHTMLやCSSがよくわからないですが、きれいなデザインのページを作ることができますw

 

2.SEO設定が充実

Diverは公式デモサイトに

アフィリエイトに最適化されたWordpressテーマ。SEO対策、サイト回遊率、離脱率、アフィ収益等、Diverですべて解決してみせます。

と書かれているようにSEO対策がしっかりとされているテーマです。

通常ではAll in One SEO Packのようなプラグインを入れる必要がありますが、DiverであればそのようなSEO対策のプラグインは必要ありません。

初心者の方はSEO対策についてよくわからないので、このような点は嬉しいメリットかと思います。

もちろんSEO対策されているテーマだから何もしなくて良いというわけではありません。

ある程度のSEO知識を付ける必要がありますので、SEO対策の支えのような感じで思ってもらえると良いかと思います。

 

3.入力補助が便利

Diverには「入力補助」という機能があります。

この機能を使えば先程「1.」でも紹介したようにHTMLやCSSがわからなくてもワンクリックで引用やボタンを記事内に入れることが出来ます。

入力補助には以下の画像のようなものがあります。

Diver入力補助一覧

 

4.サポートが手厚い

Diverはサポートが手厚いことでも有名です。

Diverは無期限でメールで問い合わせる事ができ、サポート範囲も無制限ということです。

分からないことは気軽に聞くことが出来るので、初心者あるあるの「この機能の使い方がわからない」という方でも安心して利用することが出来ます。

ただ、なんでもかんでも相談すると迷惑になるので自分で調べてわからなければ質問するようにしましょう。

 

5.複数サイトで利用可能

Diverは自分が運営するサイトであれば無制限で複数サイトで利用可能です。

ただ、他の人のブログを作るときに使うことは出来ません。

必ず自分が運営するサイトのみで利用するようにしましょう。

僕はこのサイトの他にもYou速生配信部というサイトでもDiverを利用しています。

良ければご覧くださいw

 

6.アップデートが多い

Diverは他のテーマに比べてアップデートの頻度が高く、安心して利用出来るテーマです。

また、毎回どのような点が更新されたかが公式サイトで公開されるのでどう変わったかが分かりやすいです。

ただ、たまにではありますが不具合があったりするので安定してからアップデートした方が良いかもしれません。

もし不具合があった場合はメールなどでお伝えするとより早く改善されるかもしれません。

 

7.ワンクリックでAMP化出来る

最近のホームページはAMPの有効化が必須となってきています。

AMPを有効化するためにはプラグインを入れる必要があるのですが、Diverであればプラグインを入れることなくAMPを有効にすることが出来ます。

下の画像のように投稿画面でチェックを入れるだけでAMP化されるので非常に簡単です。

AMPについては下の記事で解説しています。

 

8.おしゃれなサイトを作れる

Diverはおしゃれなサイトを作れます。

Cocoonのようなテーマだとモノトーンでどちらかと言うと個人的には味気ない感じのサイトになりますが、Diverの場合はカラフルでおしゃれなサイトに仕上がります。

僕のサイトはと言うと…ですが、他の方のサイトはすごくきれいなデザインのサイトが多いです。

 

デメリット

デメリットとしてはこのようなものがあります。

Diverのデメリット
  1. 機能が多くて初心者には使いこなせない場合がある
  2. 値段が少し高い
  3. サイトの動作が少し重い

1.機能が多くて初心者には使いこなせない場合がある

Diverではメリットで紹介したように機能が豊富です。

その反面、初心者には機能が多すぎて使いこなせないというデメリットがあります。

しかし、調べればほとんどの機能の説明が出てきますし、サポートも手厚かったりするので安心して利用出来るかと思います。

また、使いこなせないほど機能が多いということはそれほど自由度が高いということになります。

少しずつでも慣れていくと自分だけのオリジナルサイトが作れますので是非色々と調べてみてください!

きっと楽しいと思います!

 

2.値段が少し高い

Diverは定価17,980円となっており、他のテーマと比べて少し値段が高い印象があります。

ただ、他のテーマと違い、機能も豊富で初心者には難しい設定なども必要ありませんので17,980円の価値があるかと思います。

 

3.サイトの動作が少し思い

これは僕の環境が悪いのかもしれませんが、サイトの動作が少し重い感じがあります。

しかし、イライラするほど重いかと言うとそれほど重いわけでも無いです。

「めちゃめちゃ速いサイトを作りたい!」という方はもしかすると他のテーマの方が良いかもしれません。

 

Diverを使ってみて

僕は2020年4月からWordPressを使って初めてホームページの運営を始めました。

その時にDiverを導入したため、まだ5ヶ月しか経っていませんが初心者として使ってみての感想を書こうかと思います。

 

高機能で使いやすい

Diverは高機能で使いやすいです。

そのため、やりたいことがDiver一つでほとんどのことがカバー出来ます。

特に入力補助の機能は便利です。

この入力補助機能を使えば簡単にボタンを付けたりすることが出来るのでとても重宝しています。

 

SEO周りが便利

まだホームページの運営を始めたばかりでSEOなどの専門的な知識が正直ありません。

しかし、Diverを使うことでSEO対策を手助けしてくれますので初心者にはありがたい機能です。

実際に機能しているのかは確認することができないのでわかりませんが、上位表示されているページもいくつかあるのでしっかりと機能しているのではないかと思います。

 

デザインがしやすい

実際に使ってみてデザインがしやすかったです。

このサイトのトップページを見て頂ければ分かるかと思いますが、YouTubeのトップページのようなデザインにすることが出来ます。

様々な機能があるため、作りこめば作り込むほど自分だけのサイトを作ることが出来ます。

このように自分だけのサイトをデザインできるというのもDiverを使ってみてよかった点です。

 

まとめ

今回はWordPressのテーマであるDiverについてのメリットやデメリット、感想について紹介しました。

メリットとしてはこのようなものがありました。

Diverのメリット
  1. 機能が豊富
  2. SEO設定が充実
  3. 入力補助が便利
  4. サポートが手厚い
  5. 複数サイトで利用可能
  6. アップデートが多い
  7. ワンクリックでAMP化出来る
  8. おしゃれなサイトを作れる

また、デメリットとしてはこのようなものがありました。

Diverのデメリット
  1. 機能が多くて初心者には使いこなせない場合がある
  2. 値段が少し高い
  3. サイトの動作が少し重い

Diverは機能が豊富で初心者から上級者まで利用出来るテーマですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

Diverのデモサイトはこちらから!

おすすめの記事