ConoHa Wingのサーバーが削除できない原因は?対処法や注意点も紹介

今回はConoHa Wingのサーバーを削除しようとした際に灰色になってしまって削除できないときの原因や対処法について紹介します!

 

ConoHa Wingのサーバーが削除できない原因

(出典:ConoHa Wing様)

ConoHa Wingのサーバーが削除できない原因としてはWINGパックの契約が一番の原因と考えられます。

ConoHa Wingの公式ヘルプにはこのように書かれています。

※ご契約がWINGパックの場合はご任意のタイミングでの削除はできません。自動更新をOFFにしていただき契約満了日経過後自動削除となります。

つまり、WINGパックに入っている場合はその契約期間が終了するまでサーバーの削除を行えないようになっているということです。

もしWINGパックを契約しているのであればその契約期間が終了するまで待ちましょう。

 

対処法は?

対処法としては契約が終了するまで待つしかありません

念の為、契約の終了日の確認方法を紹介します。

 

確認方法としてはConoHa Wingの管理画面の「契約情報」から確認することができます。

まず、ConoHa Wingにログインし、左のメニューから「サーバー管理」をクリックします。

次に「契約情報」をクリックし、「サーバー情報」をクリックします。

少し画面が下がったところに「プラン」という欄があり、その中に「契約満了日」という項目があります。

ここに記載されている日が契約の終了日になります。

この日を過ぎた段階で更に契約が更新されなければ通常プランになり、サーバーを削除することが出来るようになります。

 

注意点

次に注意点について紹介します。

注意点としては以下の2つになります。

注意点
  1. 自動更新を解除する
  2. サーバーを削除するとデータも削除される

 

1.自動更新を解除する

まず1つ目に自動更新を解除しておく必要があります

WINGパックは契約期間の30日前に自動で契約が更新されるようになっている場合があります

この設定を解除しておかないと勝手にWINGパックが更新されてサーバーが削除できなくなってしまいます

それでは自動更新の確認方法や停止方法について紹介します。

 

まず、ConoHa Wingにログインし、左のメニューから「サーバー管理」をクリックします。

次に「契約情報」をクリックし、「サーバー情報」をクリックします。

少し画面が下がったところに「プラン」という欄があり、その中に「自動更新」という項目があります。

ここが「ON」になっていると契約満了日の30日前に自動で契約が更新されてしまうため、OFFに設定しておきましょう。

 

2.サーバーを削除するとデータも削除される

こちらに関してはご存知かもしれませんが、サーバーを削除するとそのサーバー内にあるデータも削除されてしまいます

ですので、サーバー内にあるデータをバックアップしたりするなどしておくことをおすすめします。

 

まとめ

今回はConoHa Wingのサーバーを削除できない原因や対処法について紹介しました。

原因としてはWINGパックに入っている可能性が高いです。

 

また、注意点としてはこのようなものがありました。

注意点
  1. 自動更新を解除する
  2. サーバーを削除するとデータも削除される

 

これらの点に関しては特に注意しておくと良いでしょう。

おすすめの記事