キーワードをリサーチできるラッコキーワードとは?関連キーワード取得ツールとは何が違う?

記事を書く際に重要になってくるキーワード。

そんなキーワードをリサーチできるラッコキーワードというサイトが公開されました。

今回はラッコキーワードの使い方や、これまであった関連キーワード取得ツールとの違いについて紹介します!

※記事内の画像はクリックで拡大出来ます。

 

ラッコキーワードとは

ラッコキーワードとはこれまで使われていた関連キーワード取得ツールに様々な機能が付いたサイトになります。

このラッコキーワードを使うことにより、そのキーワードに関連したどのようなワードが検索されているのかを確認することが出来ます

このサイトを使うことでブログのネタが思いついたり、自分が思っていたキーワードとは違う別のキーワードが見つかったりなど、新しい記事を書く上でかなり重宝できるツールになります。

 

ラッコキーワードの会員登録の手順については下記記事で紹介しています!

 

ラッコキーワードと関連キーワード取得ツールとの違い

次にラッコキーワードと関連キーワード取得ツールとの違いについて紹介します。

主な違いとしては以下の5つになります。

※一部抜けている・既にあった機能の場合があります。ご了承ください。

  • Google以外のサイトのサジェストキーワードが分かるようになった
  • Googleトレンドが見れるようになった
  • CSVでダウンロード出来るようになった
  • Yahoo!知恵袋、教えてgooの検索結果をよりわかりやすく見れるようになった
  • 使用回数制限がある

ラッコキーワードと関連キーワード取得ツールではこのような違いがあります。

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう!

Google以外のサイトのサジェストキーワードが分かるようになった

まず、Google以外のサイトのサジェストキーワードが分かるようになりました。

関連キーワード取得ツールではGoogleのみでしたが、ラッコキーワードではBingなどの別のサイトでのサジェストキーワードも検索出来るようになりました。

ラッコキーワードの検索結果 (出典:ラッコキーワード様)

ちなみにサジェストキーワードとは検索欄に1単語入れた後に出てくる候補キーワードのことです。

例えばGoogleの検索欄に「ブログ」と入れると下の画像のように「ブログ」の後ろにワードがついた形で表示されます。

Googleで「ブログ」と入力した際のサジェストキーワード

このように後ろにつくワードのことをサジェストキーワードと言います。

 

Googleトレンドが見れるようになった

次にラッコキーワードからGoogleトレンドのグラフが見れるようになりました。

GoogleトレンドのグラフはGoogleでそのキーワードがいつどれくらい検索されたかが見れるグラフです。

一番検索されていた時を100としてその月にどれだけ検索されたかが過去12ヶ月、過去5年で表示されます。

これを参考にすることでそのワードが今人気なのかが一目で分かります

ラッコキーワードで「ブログ」で検索した場合のGoogleトレンドのグラフ。 (出典:ラッコキーワード様)

 

また、より詳しいデータを見たい場合は左上にある「Googleトレンドを見る」をクリックすることで詳細なデータを見ることが出来ます。

Googleトレンドを見る画面 (出典:ラッコキーワード様)

CSVでダウンロード出来るようになった

次にラッコキーワードの検索結果がCSVでダウンロード出来るようになりました。

CSVでダウンロードすると下の画像のように続き文字(検索したワードの次にくる文字)、単語数、キーワードが一覧で表示されます。

 

Yahoo!知恵袋、教えてgooの検索結果をよりわかりやすく見れるようになった

次にYahoo!知恵袋や教えてgooの検索結果がよりわかりやすく見れるようになりました。

従来の関連キーワード取得ツールでは、サジェストキーワードの一覧と共に同じページに表示されていました。

ラッコキーワードではサジェストの検索結果とQ&A(知恵袋等)のページが分かれており、大きな画面でたくさんの質問を見られるようになりました。

知恵袋等を見るには左上の「Q&A」をクリックすることで見ることが出来ます。

Q&Aを見る画面 (出典:ラッコキーワード様)

 

使用回数制限がある

最後にラッコキーワードには使用回数制限が付きました

ラッコキーワードはサーバーの負荷を軽減するため、ゲスト(会員登録がまだの人)の仕様回数が1日20回までとなっています。

それ以上使用したい場合は無料の会員登録を行う必要があります。

使用制限のお知らせ(出典:ラッコキーワード様)

会員登録はメールアドレスのみで30秒で出来るとのことですので、済ましておくほうが良いでしょう。

会員登録は下のボタンから行うことが出来ます。

 

また、会員登録の手順については以下の記事で紹介しています。

まとめ

今回はラッコキーワードと関連キーワード取得ツールとの違いなどについて紹介しました。

違いとしては以下のような点になります。

  • Google以外のサイトのサジェストキーワードが分かるようになった
  • Googleトレンドが見れるようになった
  • CSVでダウンロード出来るようになった
  • Yahoo!知恵袋、教えてgooの検索結果をよりわかりやすく見れるようになった
  • 使用回数制限がある

機能面では関連キーワード取得ツールとほとんど変わらないため、特に迷いなく使うことが出来るのではないでしょうか。

また、デザインもポップになっているため、キーワードの選定作業が少し楽しくできそうです。

 

下記記事ではラッコキーワードの会員登録の手順について紹介しています。

あわせてご覧ください!

 

参考サイト

ラッコID様

ラッコキーワード様

おすすめの記事