ドメインを新規取得する際の注意点は?取得後の注意点も紹介します

ブログを始めるときに必須のドメイン。

今回はそんなドメインを取得する際の注意点について紹介します。

「これからドメインを取得しようと思っているけど注意することはあるの?」という方は是非最後までご覧ください!

 

ドメインを取得する際の注意点

では早速ですが、注意点について紹介します。

注意することとしては、以下のように主に3つあります。

ドメイン取得時の注意点
  1. 取得できないドメイン名がある
  2. 日本語を含むドメインは避ける
  3. .comや.netなどのわかりやすいドメインを取得する

それでは詳しく解説していきます!

 

1. 取得できないドメイン名がある

まず1つ目に取得できないドメイン名があります。

ドメイン名とは「(取得したい文字列)+.(jp,netなど)」の部分に当たります。

当サイトだと「beginnerblog.net」がドメイン名に当たります。

ドメイン名は世界に一つしかありません。

そのため、他人が取得していた場合、そのドメイン名で取得することはできません

ただし、ドメイン(.jp、.comなど)が別の物であれば取得可能です。

 

例えば当サイトのドメイン名である「beginnerblog.net」をお名前.comで取得しようとしてみるとこのような表示になります。

 

このように「.net」は僕が取得しているため、すぐには取得できないようになっています。

このケースだと「.com」、「.net」だと取得できませんが、「.jp」など空欄になっているものであればすぐに取得可能です。

ちなみにこのメールマークは「メール通知」の対象のドメインとなっており、そのドメインを持っている人が手放した際にメールが届くというシステムになっています。

しかし、ほとんど手放す人はいないのでこちらも取得できないと思ってもらう方が良いかと思います。

 

また、このように「×」になっているものは登録不可となっています。

 

ポイント

  • 取得済みのドメインは「×」と表示され、取得できない
  • メールマークのものもほぼ取得できない

 

2. 日本語を含むドメインは避ける

次に日本語を含むドメインは避けましょう

というのもSNS等でシェアされた時に「ピュニコード」というものに変換されてしまい、怪しいサイトに思われてしまうことがあります

ピュニコードとはインターネットの通信を行う際に仕様上、日本語を英語表記に変換する必要があり、この変換されたものをピュニコードと呼びます。

例えば「びぎぶろ.net」をピュニコードに変換すると「xn--x8jwdk6g.net」という風に変換されてしまいます。

 

また、日本語ドメインに対応していないドメインも多数あります

「.net」や「.com」、「.jp」などのメジャーなものは対応していることが多いですが、「新ドメイン」と呼ばれるマイナーなものは対応していないことが多いですのでこの点も注意が必要です。

 

しかし、日本語ドメインは覚えてもらいやすかったり、価格が通常よりも安かったりとメリットもあります。

もしSNSでのシェアを狙っていないのであれば日本語ドメインを取得しても良いかと思いますが、英語(ローマ字)で取得することをおすすめします。

 

3. .comや.netなどのわかりやすいドメインを取得する

最後にわかりやすいドメインを取得することです。

ドメインには様々な種類があり、ドメイン取得サービス大手のお名前.comでは580種類以上のドメインを取り扱っています。

その中には「.work」などの1円から取得出来るものがあったりしますが、このようなものはあまりおすすめできません

理由としては2点あります。

 

まず1点目にあまりなじみがないという点です。

ネットに詳しく無い方でも「.jp」や「.com」の存在はURLを共有する際に見かけるので知っている方も多いかと思います。

しかし、「.work」などはどうでしょうか。

普段あまり見かけないので、そのサイトを信頼しても良いか、疑問に思ってしまう場合もあります。

 

2点目に更新費用が高いことが多いという点です。

「.work」や「.xyz」などはそれぞれ1円~、25円で取得することができます。

しかし、更新費用を見てみると高くなっていることが多いです。

下の表は「.work」、「.xyz」、「.com」、「.jp」のそれぞれの取得費用と更新費用を比較した表です。

取得費用 更新費用
.work 1円 990円
.xyz 25円 1,480円
.com 280円 1,280円
.jp 1,100円 2,840円

「.jp」は国別ドメインというジャンルのため少し高くなっていますが、「.xyz」と「.work」を比較してもらうとわかりやすいかと思います。

1年だけ使うのであれば「.xyz」の方が安いですが、2年以上使うのであれば「.com」の方が安くなります。

このように「.work」や「.xyz」などの「新ドメイン」と呼ばれるドメインは物にもよりますが、更新費用が高くなる場合があるので注意が必要です。

また、新ドメインは更新費用が高い傾向がありますのでドメイン取得前に確認しておくようにしましょう

お名前.comの詳しい料金表はこちらをご覧ください。

 

ポイント

  • 「.work」などはあまり認知されていないため、怪しまれる可能性がある
  • 取得費用が安くても更新費用が高い場合がある

ドメイン取得後の注意点

実はドメインを取得した後に注意することもあります。

それは「ドメインの更新」です。

先程もドメインの更新について少し出てきましたが、ドメインは一度取得すればそのまま使えるというものではありません。

基本的には毎年更新を行う必要があります。

この更新を忘れてしまうとドメインが失効してしまい、さらにそのドメインを他の人に取られてしまうとそのドメインは戻ってこなくなってしまいます。

それを避けるためにもドメインの更新は怠らないようにしましょう。

 

お名前.comの場合は自動更新という機能もあります。

この機能は支払いがクレジットカードとAmazon Payのみとなっていますが、ドメインの期限が切れる15日前に自動でドメインの更新を行ってくれるというものですので、もし忘れそうな方はオンにしておくと良いでしょう。

詳しくはお名前.comの公式サイトをご覧ください。

 

まとめ

今回はドメイン取得時の注意点について紹介しました。

注意することとしてはこのようなものがありました。

ドメイン取得時の注意点
  1. 取得できないドメインがある
  2. 日本語を含むドメインは避ける
  3. .comや.netなどのわかりやすいドメインを取得する

また、ドメイン取得後も更新を忘れないようにしましょう。

ドメインは今後サイトが存在する限り半永久的に使っていくものですので、しっかりとしたものを選ぶと良いでしょう。

 

また、当サイトではお名前.comでドメインを取得する手順について紹介しています。

こちらもあわせてご覧ください!

おすすめの記事