記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

【初心者向け】これだけは入れておけ!WordPressの必須プラグイン5選!

今回はWordPressの必須プラグインを5つ紹介します!

「これだけは入れておいてほしい!」というものですので、是非あなたも入れてみてください!

 

必須プラグイン5選!

では早速ですが必須プラグインを5つ紹介します。

今回紹介するプラグインはこちらの5つです!

  1. WP Multibyte Patch(日本語パッチ)
  2. BackWPup(バックアップ)
  3. Google XML Sitemap(サイトマップ)
  4. SiteGuard WP Plugin(セキュリティ)
  5. TinyMCE Advanced(投稿編集ツール)

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう!

 

1.WP Multibyte Patch(日本語プラグイン)

(出典:WordPress様)

WordPressはもともと海外で制作されたソフトです。

そのため、日本語にするとバグや不具合が起きる場合があります

そんなときに修正してくれるのがこのWP Multibyte Patchです。

WP Multibyte Patchは日本語の不具合やバクを修正するパッチ(プラグイン)です。

日本語でWordPressを使う場合はとりあえずインストールしておけば大丈夫です。

 

2.BackWPup(バックアップ)

(出典:WordPress様)

どんなに安全な環境でWordPressでサイトを運営していたとしてもサイトに不具合が出たり、サーバーが不調でサイトのデータが全て消えてしまう、そんなことが起きるかも知れません。

そんなときに備えてバックアップを取っておく必要があります。

BackWPupはWordPressのバックアップを取ってくれるプラグインとなっており、これを入れて設定しておけば自動でバックアップが保存されるようになります。

バックアップの保存先はサーバーだけでなくDropboxなどの外部のクラウドストレージにも保存出来るのでより安全にバックアップを保存出来ます。

最近ではレンタルサーバーが自動的にバックアップを取ってくれるサービスもありますが、復元に追加料金がかかったりする場合もありますので、自分でも取っておくほうが良いでしょう。

もしものときに備えて是非このプラグインを使ってバックアップを取っておきましょう!

 

3.Google XML Sitemap(サイトマップ)

(出典:WordPress様)

Google XML SitemapはXMLサイトマップを作成するプラグインになっています。

固定ページや投稿ページなどを更新するたびに自動でサイトマップを作ってくれるプラグインです。

このプラグインを使うことで、Googleに自動でサイトの更新情報を伝えてくれます

サイトの更新ごとに手動で行わなくて済むようになるので是非有効化しておきましょう。

 

4.SiteGuard WP Plugin(セキュリティ)

(出典:WordPress様)

SiteGuard WP Pluginはセキュリティのプラグインになります。

パソコンやスマホのセキュリティソフトと思ってもらえるとわかりやすいかと思います。

サイトを運営しているとどんなに気をつけていても改ざんされたり、不正アクセスされてしまうことなどがあります

このような事態を避けるためにセキュリティプラグインが必要です。

そんなときにおすすめのプラグインがこちらのプラグインになります。

このプラグインは日本で開発されているプラグインで、ConoHa WINGやLolipop!など大手サーバーがおすすめしている有名なセキュリティプラグインになります。

より安全なサイトを運営するためにも特に導入しておいてほしいプラグインです。

 

5.TinyMCE Advanced(投稿編集ツール)

(出典:WordPress様)

TinyMCE Advancedは投稿(記事)を書く際に様々な装飾が出来るプラグインです。

通常の投稿画面では太字、イタリック、文字色の変更程度しか装飾が出来ません。

ここで活躍するのがTinyMCE Advancedです。

TinyMCE Advancedを使えば既存の機能に加えてマーカーを付けたりフォントを変えたり文字の大きさを変えたりと様々な装飾を付けることが出来ます。

文字ばっかりの文章だとどうしても読みにくくなってしまうので、TinyMCE Advancedを使って文字に装飾を付けてみると良いでしょう。

強調したい部分がわかりやすくなるので、読者により伝わりやすい文章になります。

 

まとめ

今回は入れておいてほしいプラグイン5選を紹介しました。

今回紹介したプラグインは以下の5つでした。

  1. WP Multibyte Patch(日本語プラグイン)
  2. BackWPup(バックアップ)
  3. Google XML Sitemap(サイトマップ)
  4. SiteGuard WP Plugin(セキュリティ)
  5. TinyMCE Advanced(投稿編集ツール)

バックアッププラグインのBackWPup、セキュリティプラグインのSiteGuard WP Pluginはサイトを運営する上で特に大事なプラグインですので、絶対に入れておいてほしいです。

是非あなたもプラグインを活用して楽しいブログライフを!

おすすめの記事