ブログ初心者が気をつけるべきこと4選!知らないと大変なことになるかも…

スポンサーリンク

副業として始めやすいブログ。

しかし、そんなブログにも気をつけなければいけないことがたくさんあります。

今回紹介することの中には守らないととんでもないことになるものもあります。

ブログなど情報を発信する立場として特に重要なことをまとめたので、是非最後までご覧ください!

 

ブログ初心者が気をつけること4選

今回紹介する内容はこちらになります。

気をつけること

  1. 誇大表現になっていないか
  2. 画像を無断で使用していないか
  3. 別サイトなどからコピーしてきていないか
  4. 誤字脱字がないか、難しい言葉を使っていないか

ではそれぞれ詳しく解説していきます!

 

1.誇大表現になっていないか

(出典:Pixabay様)

まず最初に誇大表現になっていないかという点です。

こちらは特にアフィリエイトをしようと思っている方は注意してください。

 

誇大表現とは大げさに表現することです。

例えば洗顔用品を紹介する時に、ニキビを予防できても絶対にできないわけではないのに「これを使えばニキビができません!」という風に表現するなどです。

 

誇大表現をしてしまった場合、アフィリエイトの提携解除だけでなく、読者からの信頼もなくなってしまいます

また、法律などが絡んでくる場合もありますので、絶対に誇大表現にならないようにしましょう。

 

誇大表現にならないようにするコツは事実の通りに書くことです。

公式サイトや通販サイトを見て、そこに書いてあるとおりに記事を書くと良いでしょう。

ポイント

  • 大げさに書くことは禁止!
  • 事実をそのまま伝えること

 

2.画像を無断で使用していないか

(出典:Pixabay様)

次に画像を無断で使用しないようにしましょう。

基本的にネット上にある画像は全部許可が必要だと思っても良いかと思います。

そのため、Googleの画像検索で出てきた画像など、他サイトのものは使わないようにしましょう。

 

さらに肖像権にも注意が必要です。

自分が撮った画像でもその中に人が写り込んでいた場合、モザイクをするなどして隠すようにしましょう。

 

逆にブログで使える画像は自分で撮った(作った)画像かフリー素材です。

フリー素材を使う際にもその素材は商用利用して良いものなのか、規約を確認するようにしましょう。

 

おすすめのフリー素材サイトはO-DAN(オーダン)というサイトです。

こちらのサイトは海外のフリー素材を検索できるサイトです。

検索時に「商用利用可の無料写真素材のみ」にチェックを入れておくとブログでも使える素材のみが表示されます。

ちなみにこのページで使っている画像もO-DANで見つけたものです。

是非利用してみてください!

 

3.別サイトなどからコピーしてきていないか

(出典:Unsplash様)

次に別サイトなどからコピーしてきていないかです。

例えばAというサービスを紹介する記事を書いている時に同じサービスを扱う他のブログから文章をコピーしてきたりすることです。

このようなことは違法になることもあります。

他のブログは参考にする程度にしておくようにしましょう。

 

もし他の記事などの文章を使いたい場合は「引用」という扱いで記載すると大丈夫な場合もあります。

こちらも詳しく調べておくと良いでしょう。

 

4.誤字脱字がないか、難しい言葉を使っていないか

(出典:Unsplash様)

最後に誤字脱字がないかという点です。

誤字脱字があると読みにくくなったり、相手に意味が伝わらなかったりします。

 

対策としては書くときにしっかりと注意しながら書くこと、書き終わったら2回以上読み直すことを意識してみると良いでしょう。

 

この作業と同時に難しい言葉を使っていないかも注意するようにしましょう。

 

ブログを読む人はその分野に詳しい人ばかりではありません。

そのため、そこまで詳しくない小中学生でも大体理解できるようにしておくと良いでしょう。

例えなどを出すとさらにわかりやすくなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はブログ初心者が気をつけることを4つ紹介してきました。

 

今回紹介した内容はこちらになります。

気をつけること

  1. 誇大表現になっていないか
  2. 画像を無断で使用していないか
  3. 別サイトなどからコピーしてきていないか
  4. 誤字脱字がないか、難しい言葉を使っていないか

特に①~③は法律などが絡んでくることもありますので、特に注意するようにしてください。

是非あなたもこれらのことに注意して楽しいブログライフを送ってみてください!

広告(楽天市場)



スポンサーリンク

おすすめの記事