記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

独自ドメインとサブドメインの違いは?サブドメインのメリット、デメリットも紹介

今回は独自ドメインとサブドメインとの違いを紹介します!

メリットやデメリットも紹介するので、是非最後までご覧ください!

 

独自ドメインとサブドメインの違い

では早速ですが、独自ドメインとサブドメインにはどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれ分けて紹介していきます!

 

独自ドメイン

独自ドメインとはドメイン取得サービスから取ったドメインそのものが独自ドメインになります。

例えばお名前.comのようなドメイン取得サービスで取った「beginnerblog.net」のようなものが独自ドメインのサイトになります。

 

ほとんどのサイトがこのような独自ドメインとなっています。

そのため、特別な理由がなければこのような独自ドメインにしておけば大丈夫です。

 

ではサブドメインとはどのようなものなのでしょうか。

 

サブドメイン

サブドメインとは独自ドメインの後ろに文字列を付けたドメインになります。

例えば「example.beginnerblog.net」のように独自ドメインの前に文字列をつけることでサブドメインとして利用することができます。

 

サブドメインを利用することで、サイトの評価が引き継げますし、そのサイトの運営元がわかりやすくなることもあります

サブドメインを利用するのに向いている場面としては、既に独自ドメインでサイトを運営しており、その延長線で新しくサイトを運営したいという方に向いているかと思います。

例えば、現在ファッションを紹介するサイトを運営しており、新しく自分のファッションブランドを立ち上げることになった、という場合にはこのサブドメインを活用するのが良いでしょう。

ポイント

  • 独自ドメインは取得したそのままのドメイン
  • サブドメインは独自ドメインの前に文字をつけたドメイン

サブドメインのメリット・デメリット

では、サブドメインを使うメリット・デメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

それぞれ以下のような点が挙げられます。

メリット デメリット
  • ドメインの利用料を削減できる
  • サイトの運営者がわかりやすい
  • サイトの評価が引き継げる
  • 独自ドメインの評価が悪ければ、サブドメインの方も悪くなる
  • 独自ドメインのサイトが分かってしまう
ではそれぞれ見ていきましょう!

メリット

まずメリットとしてはこのような点が挙げられます。

サブドメインを使うメリット

  • ドメインの利用料を削減する
  • サイトの運営者がわかりやすい
  • サイトの評価が引き継げる

他にも理由はあるかと思いますが、簡単にはこのようなものになるかと思います。

 

まず、サブドメインを利用することでサイトあたりのドメインの利用料を削減することができます

通常2つのサイトを運営したいとなったときには「A.com」と「B.com」のように2つドメインを取る必要があります。

しかし、サブドメインを使うことで、独自ドメインとしては「A.com」のみを取得し、サブドメインとして「B.A.com」のように運営することができます。

そのため、ドメインの利用料自体は「A.com」の分のみでよくなるので、1サイトあたりのドメイン使用料が安くなります

 

また、同じ系列のサイトを運営する際にもよくサブドメインが使われます

例えば有名な検索エンジンであるヤフーは検索エンジン以外にもショッピングやトラベルなど様々なサイトを運営しており、それぞれ以下のようなリンクになっています。

ヤフートップページ:https://www.yahoo.co.jp/
ヤフーショッピング:https://shopping.yahoo.co.jp/
ヤフートラベル:https://travel.yahoo.co.jp/

このようにすることでサイトの運営元がわかりやすくなるので、運営元が同じサイトの場合にはサブドメインを利用してサイトを運営することがあります

 

さらに、サイトの評価を引き継げるという点があります。

既に独自ドメインでサイトを運営しているドメインの評価を引き継ぐことができます。

通常新しくサイトを運営するとなるとサイトの評価は0からのスタートとなります。

しかし、サブドメインの場合は既にある評価を引き継げるので、新しくドメインを取って新しくサイトを作るよりも比較的早くに検索順位を上げることができることがあります

 

デメリット

次にデメリットとしてはこのような点が挙げられます。

サブドメインを使うデメリット

  • 独自ドメインの評価が悪ければ、サブドメインの方も悪くなる
  • 親ドメインのサイトが分かってしまう

まず、独自ドメインの評価が悪いと新しく作ったサブドメインの方の評価も悪くなるという点です。

先ほどメリットでも書いたように独自ドメインの評価がサブドメインにも引き継がれます。

既に良い評価をもらっているのであればメリットになるのですが、もし悪い評価をもらっているのであれば、デメリットになってしまいます。

そのため、今悪い評価をもらっているドメインで新しく作ろうと思っている方は新しく独自ドメインを取得してそちらでサイトを始めるほうが良いかと思います。

 

また、親ドメイン(△△.netなど)のサイトが分かってしまうという点もあります。

こちらも先ほどメリットでも書いたように、サブドメインの特徴としてサイトの系列が分かってしまうという点があります。

そのため、サブドメインの部分(「〇〇.△△.net」の〇〇の部分)を消してアクセスすれば親ドメインのサイトも分かってしまうので、知られたくないという方は新しくドメインを取得する方が良いでしょう。

 

まとめ

今回は独自ドメインとサブドメインとの違いや、サブドメインのメリット・デメリットについて紹介しました。

独自ドメインとサブドメインの違いとしてはこのような点がありました。

独自ドメインとサブドメインの違い

  • 独自ドメインは取得したそのままのドメイン
  • サブドメインは独自ドメインの前に文字をつけたドメイン

また、サブドメインのメリット・デメリットとしてはこのような点がありました。

メリット デメリット
  • ドメインの利用料を削減できる
  • サイトの運営者がわかりやすい
  • サイトの評価が引き継げる
  • 独自ドメインの評価が悪ければ、サブドメインの方も悪くなる
  • 独自ドメインのサイトが分かってしまう

 

もしあなたが既にサイトを運営しており、新しく別のサイトを運営したいというときがあればサブドメインを使ってみると良いでしょう。

 

ConoHa Wingでのサブドメインの追加方法はこちら!

おすすめの記事